2018_12_28(金) 09:15

ロカボ料理で世界旅行☆マンマのラザニア!ロカボアレンジinローマ

記事投稿: あんママ

2018_12_28(金) 09:15

341

記事投稿: あんママ

341

今日はイタリア料理の中でもとてもポピュラーで、誰もが知っているラザニアを、ロカボアレンジで作ってみましょう。

今年の夏まで1年間、息子が通う高校の同じクラスには、ローマからの男子留学生が居ました。

その子が帰国してからも、時々LINEでやりとりしているようです。

いつか同じクラスの男子たちで、彼を訪ねてローマに行きたいそうです。

今回ラザニアを作りたくなって、彼のお母さんになにかコツがあるか聞いてもらいました。

とても親切に教えてくれて感激!

ただ、今回はロカボ&腸活アレンジしすぎて、マンマのコツは1つしか生かせませんでした(><)

マンマ、ごめんなさい!

白菜ラザニアのホワイトソースは豆腐で!

まずはミートソースの材料から(4食分)

  • ・合いびき肉:300g
  • ・玉ねぎ:1個……みじん切り
  • ・にんにく:1片……みじん切り
  • ・お好みのハーブ類(オレガノ、バジル、ローズマリー、タイムなど)
  • ・コンソメ:顆粒小匙1
  • ・味噌:大匙1
  • ・コショウ:少々
  • ・リンゴ酢:大匙1(腸活アレンジなのでオプションで)
  • ・お好みの野菜をオプションで。今回はえのきだけ、モロヘイヤ、カラーピーマンをみじん切りにして加えました。
  • ・紙パックのあらごしトマト:1パック(トマト缶やトマトピューレでも可)
  • ・トマトペースト:小分けになっているもの1袋

このトマトペーストこそが、ローマのマンマのコツのひとつです!

味に深みが出るそうです。

ミートソースの作り方

① 鍋にオリーブオイルを熱してにんにくを炒め、香りが立ったら挽き肉を入れて中火で炒めます。

② お肉に火が通ったら玉ねぎを入れて、玉ねぎがしんなりして透き通ったら、オプションの野菜とトマトペーストを入れてさらに2~3分炒めます。

③ ②にあらごしトマトを1パック、ハーブ類、味噌、コンソメ、コショウ、リンゴ酢を加えて、煮立ったら弱火で20分ほど煮込みます。

④ 味見して塩が足りなかったら加えて、ミートソースの出来上がり!

おうちに赤ワインがあれば、煮込む時に少し入れると本格的になります。

お豆腐のホワイトソース

次にお豆腐でホワイトソースを作ります。

低糖質にしたかったので、小麦粉を使わないレシピを探して作ってみました。

かなりお豆腐っぽさが全面に出てしまったので、もっとバターの量を増やすことをお勧めします。

ホワイトソースの材料(4食分)

・お豆腐:1丁(300g)
・豆乳(または牛乳):50ml
・コンソメ顆粒:小匙2
・バター:20g(→倍量がおススメ)
・塩コショウ:少々

ホワイトソースの作り方

お豆腐をフードプロセッサーなどで滑らかにしたら、豆乳、コンソメ、塩コショウを入れて混ぜ、耐熱容器に入れてバターを乗せて、ラップをせずにレンジで2~3分チンします。

私はものぐさ癖が出て、泡だて器で済ませたので、滑らかな仕上がりではありません(笑)

いったん取り出して全体を混ぜたら、あと2分レンジでチン。
もう一度全体を混ぜて出来上がり。

ラザニアシートの代わりに白菜でロカボに!

ラザニアのシートパスタは美味しいけど、今回は炭水化物を使わずに作りたかったので、代わりに白菜を使うことにしました。

白菜4~5枚は5cm×5cm程度の食べやすい大きさに切って、耐熱皿に並べてふんわりとラップをかけて、レンジで5分加熱します。

粗熱が取れたらしっかりと水気を絞ります。

耐熱皿にバターを塗り……

  • 白菜→ホワイトソース→
  • 白菜→ミートソース→シュレッドチーズ→
  • 白菜→ホワイトソース→
  • 白菜→ミートソース→シュレッドチーズ→
  • 白菜→ホワイトソース→シュレッドチーズ

と言う感じで、重ねていきます。

一番上がシュレッドチーズになればいいので、順番はお好みでどうぞ。

バター少々を適当に散らして、220度のオーブンで10分焼いたら完成!

ポイントは、白菜の水気をよく絞ること!

そうすることで、出来上がりがビシャビシャにならずに済みます。

野菜もタンパク質もたっぷり摂れて、満足度が高いメニューになりました。

高校生の息子は

「ちょっと豆腐感が強いけど、いくらでも食べられる!」

と言ってました^^

この日は他に、キュウリ・ゆで卵・ツナのサラダと、チンゲン菜と糸寒天のスープを作りました。

翌朝には体重が減ってたようです^^

毎朝筋トレを頑張ってる息子のためにも、私自身の健康のためにも、美味しくて楽しいロカボ生活を追及していこうと思います!

友人のお父様が丹精込めて育てられた大きな白菜がまだあるので、明日も白菜が大活躍する予定です。

イタリアンに白菜。

意外と合うので、ぜひ作ってみて下さいね!


あんママの「ロカボ料理で世界旅行♪」シリーズ好評掲載中!

☆アメリカ南部:ケイジャンシュリンプケイジャンオイスター

☆バングラディシュ:ビリヤニ / ベンガルフィッシュカレー

☆タイ:カピを使った2品 ラープ・ムー

☆ナイジェリア:オクラスープ

☆ジャマイカ:ジャークポーク

☆トルコ:ドマテスリ・ピラウ/ジャジュク

☆モルディブ:マスフニ

オハナスタイル公式ライター : あんママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ