2018_12_27(木) 12:00

人生と介護**デイケアとデイサービスって何が違うの?

記事投稿: 二児のパワフルママ

2018_12_27(木) 12:00

164

記事投稿: 二児のパワフルママ

164

「超」介護初心者である、オハナスタイル編集部スタッフによる、パワフルママさんへの質問記事!

今回は「デイケア」と「デイサービス」の違いについて聞いてみました!

あなたはこの違い、わかりますか?……私はこの2つに違いがあることすら、よくわかっていませんでした!トホホ。

では、教えてー!パワフルママさーん!!

質問1)そもそも「デイケア」と「デイサービス」って何が違うの?

高齢者の方と話しているとよく耳にする「デイに行っているの」とか「デイケアでね…」という言葉。

筆者も、こうした場所では高齢者の方がリハビリしたり、体操したりという漠然としたイメージはもっています。

しかし!実際にこの2つに違いがあるなんて知りませんでした!!果たして何が違うのでしょうか??

回答1)デイケア=通所リハビリ、デイサービス=通所介護 という違いがあります

「デイケア」も「デイサービス」も、どちらも介護保険で使うことが出来る通所型のサービスになります。

私たちが支援している方たちは「デイに行く」とおっしゃる方もいます。

では、その違いは何でしょうか。

「デイケア」は「通所リハビリテーション」、「デイサービス」は「通所介護」といいます。

まとめると次のようになります。

●デイケア……自宅から通ってリハビリテーション(機能訓練)を行う場所

●デイサービス……自宅から通って介護を受ける場所

このことに当てはめて、デイケアとデイサービスの違いを具体例で見てみましょう。

◆足の骨を折って入院したAさん。退院後、自分で入浴しにくい場合は……

自宅の玄関で転んでしまって、足の骨を折ってしまったAさん。

手術ができる病院に救急搬送された後、入院してリハビリができる病院に転院。1~2か月程度入院をして、自宅に帰りました。

自宅内は段差も多く、お風呂の浴槽のふちをまたぐことも難しい状態です。

そんな時には、デイケア(通所リハビリテーション)の出番となります。

お風呂の浴槽をまたいで入浴ができるよう、リハビリの先生と一緒に機能訓練を行っていくようになります。

訓練を重ねて、自分で入浴ができるようになりました。

◆認知症の診断を受けているBさん、息子夫婦と暮らしていますが……

息子夫婦と暮らすBさん。1年前から認知症の診断を受けていました。

お薬を飲みながら物忘れの進行を遅らせていましたが、最近は夕食が終わると「家に帰ります」といい、自宅から出ようとすることが増えてきました。

息子夫婦は二人とも仕事に行っており、昼間は一人で過ごしています。

昼間は刺激も少ないことから、ついついうとうとすることも多く、家族が帰ってくる夕方から夜にかけて、Bさんが活動をするため家族の介護負担が大きくなってきました。

そんな時に通所介護を利用します。

日中は、本人の好きそうな趣味活動や集団での体操をしながら起きておき、家族が返ってくる頃には疲れています。

夕食を食べたら睡眠となるよう、生活リズムが整うことで家族の介護負担の軽減にもなりました。

◆困りごとによって通所する施設が変わります

いかがですか?この2つはあくまで「例」ですが、ざっくりと「場合」がお分かりいただけたでしょうか。

利用する施設については、どのような困りごとがあるかを介護支援専門員(ケアマネージャー:以下ケアマネと言います)と考えて、どちらがいいのかを選んでいきます。

質問2)デイケアを利用したい!申込みってどうやるの?診断書って必要?

デイケアとデイサービスの違いは、質問1で把握!!

では、実際にこうしたサービスを利用したい時、一体申し込みってどうすれば良いのでしょうか?

回答1にあったように、骨折をして……というようなことがあると、「利用が必要な時」は突然やってきそうです。

う~…ん、わからない!パワフルママさん、お願いしまーす!!

回答2)介護区分の認定と、本人・家族・ケアマネとの相談が大事です!

デイケアを利用する場合、まずは介護保険の区分認定を受けることが必要になります。

介護の区分の結果、本人・家族・ケアマネと相談しながら、困りごとを解決するためには、どこのデイケアに行くか、週に何回利用するか、時間はどのくらい利用するかなどを決めていきます。

通所系サービスには1日あたりの利用人数には制限があります。さらに病気や体の状況、居住地域によって利用できるところとできないところもあります。

しかし、そのような調整は、ケアマネが行ってくれますので心配しなくても大丈夫です。

また、デイケアを利用する際には、かかりつけの先生等からのリハビリテーション指示書(医師の意見書)が必要となります。

本人が受診をする必要がある場合と、ケアマネが相談することで書いてくれる場合もありますので、まずはケアマネに相談していきましょう。

質問3)居住エリアにデイケアがたくさん!上手な選び方は?

デイケアを利用したい!と思って調べてみると、居住エリア内に結構たくさんのデイケアがあることに気づきます。

地方では地域の医院がデイケア施設を併設していることも多いですよね……。

大切な家族にとって、一体どの施設を利用するのがベストなのか……上手な選び方ってあるのでしょうか?

回答3)上手な選び方の基準は4つ!

質問1で、デイケアとデイサービスの違いを説明しました。

では、機能訓練をしたいのであれば、必ずデイケアがいいのかというと、そうではありません。

最近はデイサービスの中にも「運動機能特化型」といって、機能訓練を重視したところも出てきました。

デイケアでも、体操を取り入れたり、一緒に料理や洗濯を行って機能訓練をする、地域の活動に参加できるような取り組みをレクレーションに組み込むなど工夫をしているところもあります。

上手な選び方の基準としては4つあります。

① 本人の「困っている」ことに寄り添ってくれるか

利用者本人の困っていることを解決できるような訓練や提案をしてくれるかはとても大切。

質問1の事例であったように、お風呂に入れない方であれば「入浴ができるような機能訓練をしてくれるか」などですね。

② 利用者本人の気持ちと家族の気持ち

見学に行きご本人様が「ここなら通ってみたい」ご家族様が「ここなら(親を)預けてもいい」と思えるかどうか、これは本当に大切です。

最初の印象はとても大切。事前の見学の時にどのような雰囲気なのか確認しましょう。

利用者本人の性格によって、大人数での参加が大丈夫なのか、小規模10~15人程度が良いのか、などもしっかり見ておきましょう。

③ 経済的な負担が大きくならないか。

同じようなデイケアでも、利用先やサービスの提供時間、機能訓練の内容等によって費用が変わってくる場合があります。

また食事代や機能訓練等における材料費を負担するかどうかによっても1回当たりの料金が違います。

④ 食事や入浴の形態はどうか

特別な治療職が必要な場合でも対応ができるか。入浴は大勢で入るのか、個別で入るのか。寝たきりの人でも入浴ができるのかなども検討していきます。

そうはいっても、なかなか難しいものでもあります。

1度「ここに通う」と決めたからと言ってずっと通い続けなければいけないというものでもありません。

雰囲気や相性が合わないときには、ケアマネに相談し、利用先を変えることもできます。

困ったことや不安に思ったことはどんどんケアマネに伝えてくださいね。


おわりに

今回は介護の初歩となる「デイケア」「デイサービス」について、それぞれの違いや、利用方法などを伺いました。

自分自身の家族が、こうした施設を利用する必要が出てきた時、今回教えていただいたような知識があるとないとでは、戸惑い方が違いますよね!

大切な家族が少なくない時間を過ごす施設である「デイケア」や「デイサービス」。

より良い選択ができるように、しっかりと勉強しておきたいですね!

介護業界のプロ!二児のパワフルママによる「教えて!」記事はコチラもおすすめ!

教えて!知りたい!介護初心者が聞いてみた!

オハナスタイル公式ライター : 二児のパワフルママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ