2019_01_08(火) 07:10

怒りの裏の「大きな愛」【夫婦関係攻略メソッド】

記事投稿: ラッキークローバー

2019_01_08(火) 07:10

350

記事投稿: ラッキークローバー

350

新しい年が明け、あっという間にお正月&冬休みが終わり、学校も仕事も始まりました!

すっかり平常運転に戻った我が家ですが・・・、まだまだ気持ちは冬休み気分。

気持ちの切り替えが大切だなあ~と、痛感しますね。

でも、このお正月休みは、久しぶりにある思い出の場所へ行くことができて。

そして、その場所を大切に思ってくれていた夫の気持ちを知り、とっても嬉しい気持ちになったので、「まだまだその余韻に浸っていたい!」というのが、正直なところです(照)

というわけで、今回は、感慨深かったそのお出かけについて、書いていきたいと思います!

山の上の水族館!

お出かけ先は、自宅から40分ほどの場所、山の上にある水族館です!

ここは、娘がまだ2歳と1歳の頃に、家族で来たことがありました。

それ以来、また行こうねと言いつつ、ずっと行けていなかった場所。

(近いと、いつでも行けると思って、なかなか行かないんですよね;;)

姪っ子たちと一緒♪

今回は、横浜に住んでいる私の妹一家も、実家で年末年始を過ごしたので、一緒にどこかお出かけしようということになって、我が家の思い出の場所である水族館に行くことにしたのです。

娘とほとんど歳の変わらない姪っ子たちは、動物達との距離の近さに大興奮!

娘と一緒に歓声をあげながら、イルカショーや、アシカのえさやり体験などを、と~っても楽しんでくれました!

山頂からの景色と、ご機嫌な娘&姪っ子♪

途中参加の夫と早々の喧嘩!

夫はこの日、朝から仕事だったので、途中から合流してくれました。

顔を合わすなり、「ビデオは?撮った?」と、真顔の夫。

実は・・・、ビデオを車に置いたままにしてた私は、スマホでしか写真と動画を撮っていませんでした。

でも、それで充分だと思っていたので、そう夫に伝えたところ・・・。

大、大、大激怒!!(驚)

その後も、超不機嫌オーラを出しまくり!!(もちろん、私に対してだけ!)

確かに忘れてきたのは悪かったけど、なんでそこまで怒るのか、全く理解不能な私。

私としては、一度来たことのある場所だし、それよりも初めて来た妹一家に楽しんでもらおうという気持ちが大きかったので、我が家のビデオを撮るということに対して、そこまでの気持ちがなかったんです。

夫はその後、自分のスマホで、娘や姪っ子たちの楽しそうな様子をずっと撮ってくれていました。


怒りの理由

夫の気持ちがよく分からないまま、一緒に館内全てを一回り。

最後の水槽、「マナティー」の前まで来たとき、夫が言いました。

「前に来たときは、寝てたから顔も見れなかったんだよね。」

確かに、前回訪れたときは、楽しみにしていたマナティーが寝ていて、動いている姿を全然見れませんでした。

だから今回、とってもアクティブに泳ぐ姿や、愛らしい顔を見ることができたので、ホントに嬉しかったんです。

続けて夫が言いました。

「前回は、○○(←長女)が、「これ何?」ばっかり言って、はしゃいでたなあ。

○○(←次女)はまだ全然分かってなかったけど、イルカの水槽の前から離れなかったよなあ。」

夫の言葉に、私の脳裏にも同じ光景が広がりました・・・!

見るものすべてに「これ何?」を連発していた長女は、キラキラした目で、水槽を指差していました。

まだよちよち歩きだった次女も、大きな水槽を前に、とってもご機嫌だったっけ・・・。

夫は

「あの時と同じ場所で、二人の姿を撮りたかった。あんなに小さかった子がこんなに大きくなって、同じ場所にいるところを残しておきたかった。」

と、怒った理由を話してくれました。

「でも、俺にとっては、○○(←私)も子どもたちと同じなんだよ。

あの時、楽しそうに笑ってたお前も、今日、大きくなった子どもたちを見ながら笑ってるお前も、俺にとっては、ずっと見ていたい、ずっと残しておきたい大事なものだから。」

ここまで言ってくれて、ようやく私は理解しました。

夫がこの日、どんな気持ちでスマホを覗いていたのか。

どれだけ家族との思い出を大切にしてくれていたのか。

そこには、娘へだけではなく、私への愛情も、溢れ出るほどにありました。

最後に、同じ水槽の前で、娘の写真を撮りました。

夫と一緒にそのうしろ姿を眺めながら、涙が出そうになったのですが、夫の目も私以上にウルウルしていたので、何も言えませんでした。

この距離で見れるのがいいね♪

夫婦の記録も残しておこう

新年早々、夫の深い愛情に触れ、温かい気持ちになれたことに、今はただただ感謝です。

そんなわけで!

昔、訪れた場所に久々に行くときは、当時と同じ場所やアングルで、写真や動画を撮ることをオススメします!

その時は是非、子どもたちだけではなく、夫婦の様子も撮ってほしいなと思います。

きっと、後から見返したときに、ほっこりした気持ちになりますよ~!

オハナスタイル公式ライター : ラッキークローバー

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ