2018_12_04(火) 13:40

「別れ」を通して家族のつながりを振り返る

記事投稿: aitomama

2018_12_04(火) 13:40

76

記事投稿: aitomama

76

◎今、現在の役割分担◎

《夫→・買い出し ・夕食作り ・ゴミ出し ・洗 濯たたみ・洗濯物の収納 ・お金の管理・お風呂掃除・自分の弁当作り》

《私→・洗濯干し ・トイレ掃除 ・部屋の掃除 ・食器洗い・米研ぎ》


夫の祖母

今回、身内の不幸があったので少し暗い内容と感じる方もいるかと思いますが…。

書かせて頂きたいと思います。

11月26日に夫の祖母が他界し、家族で通夜、告別式へ。

私は生前、夫の祖母には会ったことがなかったのですが、とても穏やかで優しいばあちゃんだといつも夫から聞いていました。

息子もばあちゃんのお家や入院してた病院へ行ったりしてたので何度かお会いしてました。

家族で見送ってあげれたことが出来、本当に良かったです。

遺影の写真もとっても素敵なにっこり笑顔でみんなを癒してくれてるかのようでした。

以前upした、夫の得意料理のいかにんじんは、この祖母から受け継いだ味とのこと!

ばあちゃんも孫に自分のいかにんじんの味を伝承出来て嬉しいんではないかと勝手に思っている私です。

自分の経験を振り返って

私は、3年前に亡くなった祖父のことを思い返してました。

祖父は、ぽっくり亡くなってしまい。

一緒に住んでいて、当時の私と祖父は一緒にいる時間が多かったのに…なんでもっと生きてるうちに優しく出来なかったんだろう。。。という後悔の思いを残したままのお別れでした。

今でも後悔しています。

うちの祖母は、生きていますが、祖父が亡くなった年に脳梗塞と認知症で寝たきりになり施設に入り胃ろうで、会話も出来ず。祖父が亡くなったことすら分からず。

どんなに孝行してた人でも後悔はすると思う身内の不幸。

何がダメで何が正解とかないと思うけど。

小さなことでも、幸せだなって笑って過ごせることがその人の供養になるならそう過ごしたいなって思います。

こんな機会になってしまいましたが…今回、夫の親戚の方々にも初めてお会いし、挨拶することが出来ました。

夫の小さい頃と息子がそっくりだとみんな言っていました。

遺影のばあちゃんがにっこりとみんなを見守っていてくれてるかのようでした。

今回このような内容になってしまいましたが、皆様もこの機会に大切な人とのことを思い返してみてくださいね。

夫婦や兄弟、いとことの懐かしい思い出話になるかと思います。

さぁ前を向いて

そして、もう12月。

早すぎますね!1年!

我が家はやっと、黒板塗装も終わり、玄関ホールの黒板が完成しました。

クリスマスに向けての素敵な黒板アートをしたいなと考えています。

マグネットも使えるので写真やちょっとしたメモを貼っておけるので年内に完成して良かったです♪

オハナスタイル公式ライター : aitomama

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ