2018_12_23(日) 07:00

お正月の神様をお迎えするための準備

記事投稿: ぶちかぶちか

2018_12_23(日) 07:00

512

記事投稿: ぶちかぶちか

512

いよいよ今年も残り少なくなってきましたね。

年内の仕事納めや新年に向けての準備などで色々慌ただしくなりますが、その前に楽しいイベントがまだありますよね!

そうです、クリスマス!!

我が家のクリスマスハプニング

我が家でもクリスマスは最も楽しみにしているイベントのひとつです。

人並みですが、家にクリスマスツリーを飾ったり玄関をデコレーションしたりして気分を盛り上げます。

これまでは新婚当時に頂いた、LEDのイルミネーションツリーを飾っていました。

これはこれでロマンティックで素敵なのですが、子供にはやはり定番のもみの木タイプのツリーもかわいくていいなと思っていました。

今年は運良く、子供が大きくなって使わなくなったから、と小ぶりの昔懐かしいツリーを知り合いから頂くことができたので早速使わせてもらいました。

毎年クリスマス当日の朝、子供たちが起きてきたらまず玄関に連れていきます。

そして、クリスマスツリーの下にプレゼントが置いてあるのでサンタさんからだよ、と言って子供たちにプレゼントを渡しています。

今のところ、子供たちもサンタさんが来てくれていると信じてくれているようです。

…が、去年は危うく失敗しかけました。

毎年クリスマス前日の夜、子供たちが寝静まってからプレゼントの準備をしているのですが、去年はうっかり子供たちと一緒に朝まで寝てしまったのです。

せめて、子供たちよりも早く目が覚めれば間に合ったのですが、その日は不運にも子供の方が先に起きてしまいました。

すると、下から私を呼ぶ声が…

息子「おかあさーん、玄関に何かおいてあるよー」

(寝ていた私) ん…!?

(ハッッ!!ヤバい!!)

一気に目が覚め、私は階段を滑るように下に降りていきました。

玄関を見るとそこにはすでに息子が。

「お母さん、見て。何か届いてるよ。」

そこには数日前に届いた、Amazonの箱にまだ入ったままのプレゼントがラッピングされていない状態で置かれていました。

そして、その隣にはプレゼントを包むつもりで夜に用意しておいたラッピングの紙とハサミが…。

(ヤバい!気づかれた??)

子供はキョトンとしています。

私はとっさにこう言いました。

「そういえば、朝インターホンが鳴ってサンタさんが来てくれたんだけど、急いでてラッピングしないですぐに行っちゃったんだよね」

息子「…ふーん」

納得してくれたかどうかは分かりません。

でも、お目当てのプレゼントがもらえたことであまり深くは考えていないようだったので多分ごまかせたと思います。

子供たちにはもう少しサンタさんへの夢を持ち続けていてほしいので、今年は失敗しないように頑張ります!!


全ては家族の幸せのために

楽しいクリスマスのあとはいよいよ新年に向けた準備が待っています。

恥ずかしながら、この歳になってようやく少しずつお正月の意味を理解してきた私。

暮れの大掃除やおせち料理なども全ては、新年にお正月の神様である歳神様を家にお迎えし新たな1年の幸せを願うための準備ということで非常に大切な意味があります。

実家にいた時はそのひとつひとつの意味を全く知ろうともしませんでしたが、今は家族の幸せのためにももっとお正月の意味や日本の風習についてもっと知っておくべきと感じています。

大掃除も暮れにバタバタしなくていいように今から少しずつ掃除していきたいと思います。

…と言いながら、結局ギリギリにならないと焦らないタイプなので毎回反省です。

おせち料理にかける思い

お正月の準備で私が1番力を入れているのは、おせち作りです。

おせち料理とは、元々お正月三が日に歳神様をお迎えするため、炊事をしなくてもいいようにと作り置きしておけるお料理を詰めたものだそうです。

私はてっきり、主婦がお正月くらいは家事なんかせずにのんびりと過ごしてもいいようにおせち料理があるのだと都合のいいように考えていました(笑)

他にも

神様を追い出すことになるから掃き掃除はしてはいない

神様を水で流してしまうから水仕事はしてはいけない

火の神様である荒神が帰ってきているから火を使ってはいけない

など言い伝えは色々あるようですが、実際はトイレもお風呂も使わないわけにはいかないし難しいですよね。

毎年、可能な限りなるべく手作りでおせち料理を作ってきましたが、年に1回しかやらないことなので毎回色々なことを忘れています。

それぞれの食材の意味もそうです。

全ては縁起担ぎのために用意されているものですが、お重に詰めていく順番や場所にも毎回苦労します。

毎年苦労しながら作る割には子供はあまりおせち料理に興味もなく、海老やいくら以外はほとんど食べないので毎回最後まで残ります。

しまいにはおせち料理や雑煮にも飽きて普通のごはんが食べたくなる我が家。

お正月に限って無性にマックなどが食べたくなるのはなぜでしょう(笑)

日本の文化を理解しつつも、できることはやってムリしないように我が家なりの新年への準備が今年もできるといいと思います。

オハナスタイル公式ライター : ぶちかぶちか

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ