2018_12_05(水) 09:30

こだわりのお庭DIY**ホビット村の「土台」製作

記事投稿: ラッキークローバー

2018_12_05(水) 09:30

45

記事投稿: ラッキークローバー

45

今回は、庭に製作途中である、「ホビット村」の小人の家の土台作りについて、写真と共に、振り返っていきたいと思います~!

と、その前に!!

小人の家の前には、大きなビオトープがあります。

写真にも毎回映っています!

時系列でいうと、小人の家の製作より前にビオトープを作ったので、本来ならビオトープから順番に説明していくところなのですが・・・。

ビオトープ以外にも、滝や橋など、水関連の製作物があるので、後で水関連のものだけをまとめて紹介したいなと思い、今回はビオトープの説明は飛ばしたいと思います!

では、早速、手順の説明に入りましょう~!


家は何でも「基礎」が大事!!

まず、作りたい場所を決めて、平らにします。

次に、防草シートの代わりに、ビオトープ作成で余った防水シートを敷き詰めます。

めちゃくちゃ汚いですが、その上に土をかぶせるので気にしな~い♪

そしてその上に、部屋割りのためのブロックを置いていきます。

部屋の向きや大きさなど、ひとつひとつ確認しながら、微調整を繰り返します。

なんとなく、イメージしたものと同じ光景が、少しずつ形になってくる過程が、DIYの醍醐味のひとつでもありますね♪

天井部分は「鉄筋」を切るため時間がかかりました

天井部分は、まず、コンクリートの下地に使う鉄筋を、部屋の形に合うようにカット!

当時は、電動工具も今ほど揃っていなかったので、金属用ののこぎりを使っていました。

見ての通り、網目状になっているので、切る本数が多い!(泣)

1本切るのに、とにかくかなりの時間がかかります・・・。

今なら、ディスクグラインダーで断ち切れば、1本切るのに1分とかからないのですが。

この辺の作業は、専ら夫メインです!

私は応援&口だけ出す係(笑)

お部屋を照らすのはソーラーライト!

また、元々、部屋の中をソーラーライトで照らしたいと考えていたのですが……

ソーラーライトだけでは充分に照らせないだろうと思い、天井材は養生用の中空プラダン(プラスチックダンボール)を使って、室内側だけ金メッキ塗装をしました!

これでソーラーライトの光が反射して、室内を明るくする狙いです。

その上に、先程説明した金網を乗せ、さらにその上には、いらなくなったパソコンテーブルの天板を置きました。

天板は木製で、そのまま土をかぶせると腐ってしまうので、防水加工としてビニール袋を3重にして巻いてみましたが、これは効果があるのか無いのか、はたまた逆効果だったのかは未だに不明です・・・(苦笑)

※この写真では、まだ金網カット前ですが、順番としてはこんな感じ。

仕上げの「土」は大量に必要でしたが……

最後に、その上に土をかぶせ、形を整えていきます。

思った以上に土が必要だったのですが、ビオトープを作る際、大量の土を掘らなければならないので、それをホビット村製作に使うつもりで、準備しておいたんです!

基本的に、ひとつのものを完成まで集中して作るのではなく、同時進行で、様々なものを少しずつ作っていくスタイルの夫!

こっちの製作でいらなくなったものを、あっちの製作で使う、ということを、常にやっています。

それを見ていると、不必要なものなんて、実はこの世には何にもないんだな~と感じ、それをサラッとやっている夫はやっぱりすごいな~と感心してしまいます。

DIYをしている人って、みんなそうなのかもしれませんね♪

今回、ご紹介した作業は、かなり日数をかけて、何度もやり直しながら進めました。

地味な作業ですが、週末に少しずつ、少しずつ・・・!

まだまだ製作は続きます~!

オハナスタイル公式ライター : ラッキークローバー

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ