2018_11_27(火) 15:56

逆だからこそ気づけることがあるのです【劔 樹人さんインタビュー②】

記事投稿: スゴパパ工場

2018_11_27(火) 15:56

242

記事投稿: スゴパパ工場

242

毎年10月10日は「いい夫の日」に僕が所属する秘密結社主夫の友が行っている「主夫の友アワード」で今年、主夫部門を受賞していただいたのがマンガ家で兼業主夫の劔樹人さん。

前回に引き続き、2014年にテレビのコメンテーターなどで活躍する犬山紙子さんと結婚されたことをきっかけに兼業主夫をしている劔さんのインタビューをまとめてお送りします。

今回は主に妻、犬山紙子さんとのお話し。

劒さんと犬山紙子さん

犬山さんは2011年に「負け美女 ルックスが仇になる」を出版して作家デビューを果たしブレイク。

その後はテレビのワイドショーなどでコメンテーターなど活躍の場を広げてきました。

イメージとしては“強気なキャリアウーマン”というところもありますが、どうやら夫から観た犬山さんはちょっと違うようです。


劒さんの言葉

「とにかく慎重です。

仕事でもちゃんと知りたいことがあるとネットなどで調べるだけではなくて専門的な本を買ってきてよみこんで調べたり。

僕から観ると本当に慎重だなぁと思いますね。

そしてそこが夫婦関係にもいきていると思います。

うちの夫婦は子どもができてから険悪になったとか、よく周りから聞くようなことがないんです。それは、妻が結婚したときから、これから起こるリスクに慎重で、すごく気をつけていたというのがあります。

最初はその努力に対して、そこまでしなくてもいいじゃないかなぁと思っていましたけど、結果がちゃんと出ると、なるほど、と思います。

本当に尊敬していますね」

お話を聞いて納得しつつも…

なるほど。

とはいえ、劔さんのマンガ「今日も妻のくつ下は、片方ない。」に描かれている犬山さんの姿は、かなりの確率で深夜まで飲み歩いたりするような豪快な生き様。

ちなみにタイトルの由来にもなっている“片方ないくつ下”は、犬山さんが酔ってちゃんと脱がずにいるくつ下が偶然家の中の別の場所に隠れてしまうエピソードから来ているほど。

ところが、そんな生活も子どもが産まれてからは変わったといいます。

子どもができて変わった犬山さん

「お酒は産後飲めるようになっても、極端に少なくなりました。

他にも言葉遣いとか行動とかそういうものについて、かなり気をつけています。

子どもが産まれたことをきっかけに彼女自身が今までしてきたことをしっかりと見直して、これは子どもに良くないと思ったことは、ものすごく正そうしています。

それはすごいと思う。

子どものためにそこまでできるのは本当にすごい。僕はすごく“いい母親”だと思っています」

ベストカップルですよね!?

マンガを読んだり、お二人の話を聞いていると本当にベストなカップルだと感じます。

果たして、そんな二人がなぜ結婚することになったのか?

そして、それぞれがそういう考えになったことの背景はどんなものだったのでしょうか?

「なんで付き合ったのか・・・それはもう妻の天性の嗅覚だったと今は思います。

自分の足りないところを補える人を嗅ぎ分けていったら、それがたまたま自分だった。そして、結果的には僕にとっても妻がそういう存在だっただけだと思います。

そして今、こうやって夫婦が逆転していることで、お互いに客観的に見ることができているんだと思います。

妻は、他の女性達が夫について話していることを聞いて、下手すると自分がこの夫のような存在になりかねないという危機感を持っているところがあります。

一方で僕は妻を支える立場でやっていることで世の中の妻をしている女性達の気持ちに思いを馳せることが多い。

育児の責任感というかそういうものに世の女性達が潰されそうになってしまう気持ちを感じることが出来るんだと思います。

これはきっと普通の立場ではなかなか気づくことができないと思います。逆の立場だからこそわかることもあると気づかされました」

「逆の立場」だから見えてくるもの

主夫の友のメンバーと話をしていると、すごく共感できることが多いですが、劔さんにもそれを感じます。

しかし、同世代で同じようにこどもがいても共感できない男性もたくさんいるんです。

劔さんの話を伺って、やっぱり立場が変わることで見えるモノ感じるモノがあるということを改めて知ることができる貴重な機会でした。

そして、なかなか立場を入れ替えることは難しいという人も多いと思いますが、気持ちだけでも寄り添うことは誰にでも、そして今すぐにでもできることだとも思います。

ぜひ、これを機に男性はもちろん、女性も含めて、気持ちだけでも相手の立場に立って感じてみて欲しいと思いました。

そんな寅さんのように温かく家族を支える劔さんのコミックエッセイ「今日も妻のくつ下は、片方ない。」は双葉社から絶賛発売中です!⇒詳細はこちら

劔さん、お忙しい中、時間を作っていただき本当にありがとうござました!

そして、本当は一番書きたかった、劔さんがなぜ赤い服ばかりを着ているのか?という話は、またどこかのチャンスを見て書きたいと思います。

ぜひ皆さん、今後も劔さんの作品を楽しみにしていてください!

スゴパパの道は一日にしてならず。

スゴパパ工場 工場長 杉山錠士

http://www.george-sugiyama.com/sugopapa/

オハナスタイル公式ライター : スゴパパ工場

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ