2018_11_30(金) 13:20

ロカボ料理で世界旅行♪ カリブの島ジャマイカのジャークポーク!

記事投稿: あんママ

2018_11_30(金) 13:20

76

記事投稿: あんママ

76

いよいよ私の大得意な分野です!

息子は西インド諸島にあるトリニダード&トバゴと言う島の血が入ったアメリカ人とのミックスなので、ジャマイカをはじめ、カリブ諸島の料理についてはちょっとばかり研究してきました。

今はニューヨークに住んでいる息子のパパのご両親と兄弟姉妹に会いに行った時に伝授してもらったレシピもたくさんあるので、追々公開します。

今回はジャマイカのジャークポーク&チキンです!

いきなり手抜きで出来ちゃう!

日本で揃う材料でジャークシーズニングを作ったことが何度かあるのですが……。

結果、ジャークシーズニングを手作りするには、エスカリオンとスコッチボネットペッパーが欠かせないと言う結論に至ってしまったので、ネットで手に入るジャークシーズニングを購入するようになりました。

息子が幼い頃はまだ流通経路が少なくて、送料がかかったのもあって、めったに購入できないものでしたが、今ではAmazonで買えるんですね!

しかも送料無料で、さらに定期お特便だともっとお安くなるので、2か月おきの定期お特便にしてしまいました。

本場ジャマイカの”Walker’s Wood”のものが最高に美味しいのですが、残念ながら日本ではまだ手に入りにくいようです。

でも、私が今回購入したジャークシーズニングは、負けず劣らず美味しかったので、シェアさせていただきます

ジャークチキン&ポークと書いてありますが、このシーズニングを使うと、あらゆる肉類と魚介類と野菜が絶品ジャマイカ料理に早変わり!

容器のレシピ通りだと、うちの息子にはちょっと辛すぎるようなので、野菜ジュースとレモン果汁とすりおろし玉ねぎでのばしました。

ジャークポークの材料と作り方

【材料】2人分

  • ・豚肉:300~400g(ブロック肉か、とんかつ用又はソテー用)
  • ・ジャークシーズニング:大匙2
  • ・野菜ジュース:大匙3
  • ・レモン果汁:大匙2
  • ・すりおろし玉ねぎ:1/4個分

【作り方】

豚肉は、今回は豚バラブロックを一口大に切って、一晩漬けこみました。

とんかつやソテー用のスライス肉なら、筋切りしてそのままでGoodです。全ての材料をビニール袋かボウルでよく混ぜ合わせて一晩おきます。

オーブントースターの天板にクッキングシートを敷いて、漬け込んでおいたお肉と、一緒に焼きたい野菜をついでに一緒に並べて焼きました。

今回はナス。

ナスにはお肉の漬け汁をたらして焼きました。

オーブントースター250度で25分焼きましたが、もう少し短くても大丈夫そうです。

本当はジャマイカのライス&ピーズという、赤インゲン豆入りの、ココナッツミルクで炊いご飯と合わせるところなのですが……。

今回はロカボ仕様に、先日野菜専売所でお安く購入できたカリフラワーをご飯がわりにして、ガーリックライス風にしてみました♬

炒めてる途中で彩りが足りないなと思って、急遽人参を加えました。

やっぱりジャークは最高です!

2か月ごとの定期購入にしたジャークシーズニング。

やっぱり毎月購入にしようかな?と思うほど美味しく出来ました。

ジャークチキンはもちろん鉄板の美味しさ!

チキンならどの部位でも美味しくいただけます。

今回は手羽元をジャークにしてみました。

一晩漬けこんで、オーブントースターで低めの温度でじっくり焼きました。

今は鶏むね肉を小さくカットしたものをジャークシーズニングに一晩漬けてます。

まだどう料理するか決めていません(笑)

おわりに

カリブ海諸島の料理は実に美味しくて、紹介したいものがわんさかあります。

息子の父方の祖母のお料理はどれも美味しかったなぁ。

彼女の味を再現出来るのが目標です!


あんママの「ロカボ料理で世界旅行♪」シリーズ好評掲載中!

☆アメリカ南部:ケイジャンシュリンプケイジャンオイスター

☆バングラディシュ:ビリヤニ

☆タイ:カピを使った2品ラープ・ムー

☆ナイジェリア:オクラスープ 

オハナスタイル公式ライター : あんママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ