2018_11_29(木) 09:27

人生と介護**教えて!知りたい!介護初心者が聞いてみた!

記事投稿: 二児のパワフルママ

2018_11_29(木) 09:27

102

記事投稿: 二児のパワフルママ

102

「介護」という言葉からあなたは何を思い浮かべますか?

「介護」と言われると、なんとなく、ベッドに横になる人に手を添えて起きあがる補助をするとか、歩く老人に手を添えているイメージ……という人も少なくないはず。

でも、介護の初歩ってきっと「そこ」から始まるんじゃないはず!

ということで!オハナスタイル編集部の介護「ど素人」が、介護のプロであるライター、二児のパワフルママに「介護」について超初級の質問をしてみました!!

教えて!パワフルママさん!

質問1)物忘れ?それとも認知症?それってどうやって調べるの?

まずは「介護」が始まるきっかけにもなる「認知症」についての質問。

恥ずかしながら「認知症」と「物忘れ」の違いがよくわからない編集部スタッフ。

最近、自分の物忘れ度も恐ろしく「自分ってもしかして」なんて思うことも(汗)

そこでこの質問をしてみました。すると二児のパワフルママさんからはこんな答えが。

回答1)「物忘れ」を自覚しているかどうかがカギになります

物忘れも認知症も「忘れる」という共通点がありますので、不安になりますよね。

その違いを見極める方法を説明したいと思います。

でも、そもそも「覚えていることを思い出す」とはどのような仕組みなのでしょうか。

最初は「記銘(きめい)」といって覚えることがあります。

次に「保持(ほじ)」といってお記憶を頭の中に留めること。

3つ目に「想起(そうき)」といって記憶を思い起こすこと。

4つ目は「追認(ついにん)」といって、思い出した記憶が正しいこと、必要なことの記憶だと確認すること。

この4つの行為ができてこそ「思い出す」という行動になります。

物忘れは「記銘」の部分、つまり新しいことが思い出せない、思い出すのに時間がかかるという症状が起きるのです。

認知症の場合は「想起」、つまり記憶を思い起こすことができなくなるのです。

表にでる症状は「忘れる」という症状となります。

では、そこがどちらかという見分け方の方法です。具体的に忘れた内容を思い出すような質問をしてみてください。

例えば「印鑑がなくなった」とします。

物忘れの場合は「「最後に使ったのはいつくらいか」や「いつもはどこにしまうか」、「なくなったと思った前になにかしていたことはないか」などの質問を投げかけると、思い出すことがあります。

認知症の場合は、同じような質問を投げかけても、うまく答えられないことが多いです。もしくは「誰かが盗った」などの発言が出てくることもあります。

つまり、ヒントになるような情報を投げかけて、答えが返ってくるかどうかが大切になります。

話を聞いているときに本人の「物忘れの自覚」がしっかりある場合は、「物忘れ」自覚が少ないもしくはない場合は「認知症」のことが多いです。

質問2)認知症かもしれない!まず何科を受診したらいいの?

物忘れと認知症の違いはなるほど納得です。

では色々と当事者とやり取りをした結果、どうやら「これはただの物忘れじゃなさそう……」と思ったら、まずは何科を受診すればよいのでしょうか?

認知症の受診科……やはり考えてもわからなかったので、教えてパワフルママさん!!

回答2)まずはかかりつけ医に。また「認知症疾患医療センター」という機関もありますよ

もし、かかりつけの先生がいる場合は、その先生に相談することが一番安心できますし、今後の相談もしやすくなります。

しかし、しっかりと専門家の先生に診てもらうと、より詳しく見てもらうことができます。

以前の記事にも書きましたが、認知症の症状が出てくる病気は様々あるからです。

また、かかりつけの先生も専門家でない場合には「年齢のせいですよ」とおっしゃる方もいます。

認知症専門の先生がいる科はというといくつかあります。

精神科・心療内科・脳神経外科などがわかりやすいでしょう。また病院によっては「物忘れ外来」「認知症外来」「メモリー外来」などを掲げていることもあります。

表向きには認知症に関する科を掲げていなくても、認知症への理解が深い先生もいます。

そういった病院は、インターネットで掲載されていないこともありますので、地域包括支援センターに相談するのもよいですよ。

また、「認知症疾患医療センター」というところがあります。

これは認知症患者とその家族が住み慣れた地域で安心して生活ができるための支援の一つとして、都道府県や政令指定都市が指定し、設置するものです。

認知症疾患における鑑別診断、地域における医療機関等の紹介、問題行動への対応についての相談の受付をしてくれます。

質問3)かかりつけ医が特にいない!探し方、見つけ方は?

質問2)で、認知症には専門的な診療科(認知症外来など)を掲げている病院があることはわかりました!

しかし、パワフルママさんの回答で最初に登場したのは「かかりつけ医」……。

でも日常的に健康に問題がないと、風邪くらいでしか病院に行く機会がなく、かかりつけ医って言える医師や医院がない人もいますよね。

かかりつけ医ってそものもどうやって探せばいいのでしょうか?コツってありますか?

回答3)かかりつけ医を探すポイントは4つ。「地域包括支援センター」も利用してみて

かかりつけ医とは

「なんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要なときには専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師」

と厚生労働省は定義しています。

わかりやすく言えば「最近、ちょっと体調良くないな…よし、〇〇先生に相談してみよう」となるような先生です。

さらには「〇〇のことは▲▲病院が詳しいから紹介するよ」とか「〇〇の症状が続くときには●●しよう」など提案してくれる先生がいいですね。

では、そんな先生がいない場合には下のような方法で探していくことになります。

高齢者の方の場合、

  • ①自宅から近い
  • ②自分の主要な病気(心臓・膝や腰の痛み・血圧・脳梗塞後など)を専門としている
  • ③(できれば)入院の相談も気軽に乗ってくれる
  • ④体調が悪い時に自宅に訪問に来てくれる

など、優先順位をつけて探しましょう。

どうしても見つけにくい場合には、地域包括支援センターや市役所の保健師などに自分の健康不安を相談して一緒に探してもらう方法も一つですね。


おわりに

今回は介護にまつわる3つの「超初級」質問について二児のパワフルママさんにお話をうかがいました!

こうした内容をもっと深く知りたい人には、こちらの記事もおすすめですよ↓↓

二児のパワフルママ お役立ち介護記事  

「かかりつけ医」について知りたい! ⇒ かかりつけ医って必要ですか?

「介護保険」って何? ⇒ これは「知っ得」!高齢者じゃなくても使える介護保険のしくみ

「認知症」について理解を深めたい ⇒ 知っているようで知らない、認知症の正しい知識(前編)(後編)

家族が認知症かもしれない…… ⇒ もしかして親が認知症?~家族ができる事は~

オハナスタイル公式ライター : 二児のパワフルママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ