2018_11_27(火) 14:15

笑顔で、言葉で、文字で♪気持ちを伝える様々な方法 !

記事投稿: ラッキークローバー

2018_11_27(火) 14:15

64

記事投稿: ラッキークローバー

64

過去最高の、すれ違い生活に突入している私と夫。

平日はもちろん、休日も一緒に過ごす時間はほとんど取れない状態が続いています(泣)

心がけていること

そんな中、最近、特に気をつけていることがあります。

それは、「思いを言葉にする」ことと、「目で見えるモノで残す」こと!!

これまでもずっと、私の中では意識してやってきたことなのですが、最近は特に気をつけて実践するようになりました。

今回は、その効果について、書いていきたいと思います~!

思いを言葉にする

まず、「思いを言葉にする」ということですが、これは普段から、「ありがとう」や「嬉しい」といった言葉を、相手に素直に伝えるということ。

長年、一緒に生活していると、だんだんと「言わなくても分かる」とか「いちいち言う必要もない」といったふうになってくると思います。

それも仕方のないことですし、実際に「言わなくても分かること」もたくさんあります。

でも、やっぱりその場で素直に気持ちを伝え合えた方が、言う方も言われた方も、どちらも嬉しい気持ちになりますよね♪

それがたとえ、特別なことじゃなくても、当然のことであったとしても!

嬉しい夕食

先日、夫の仕事がようやく一段落して、久しぶりに家族4人揃って夕食をとることができたのですが、それがとっても嬉しかった私!

この時も、大げさなくらい、素直に、まっすぐに、夫に気持ちを伝えました♪

「○○(夫)も一緒にご飯食べれて、めちゃくちゃ嬉しい~!」

「こういう時間が、最高に幸せ♪」

「いつもありがとう!」

休日、家でご飯食べるなんて当然のことですけどね~。

でも、嬉しくて幸せな気持ちになれたから、それに対する感謝が湧いてくるんです。


やりがちな失敗

ここでやってしまいがちなのは、嬉しいのに嬉しいとは言わず、忙しくて家族の時間が取れないことに対する不満を言葉にしてしまうこと。

「いつもこうだったらいいのに・・・(ブツブツ)。」

「普段、全然家にいないから・・・(ブツブツ)。」

せっかくの嬉しい気持ちも、これでは全く伝わらないですよね・・・。

嬉しいと感じたなら、それをそのまま言葉にすることがポイント!

そのおかげか、夫は家族の時間をいつも1番に考えてくれるし、本心からそれを望んでくれているようです。

私に対しても、「ご飯(作ってくれて)ありがとう!」とか、「○○(私)といると笑いすぎて顔が痛い!」と、普段から嬉しい言葉を伝えてくれます♪

目で見えるモノで残す

また、「目で見えるモノで残す」というのは、更に効果抜群!

メールや手紙などは、後から何度でも読み返すことができるので、嬉しかった気持ちを何度でも味わうことができます♪

その昔、ポケベルや初期の携帯電話のメールには、保護機能(残しておきたいメッセージが、自動でいつの間にか消えないように、保護できる機能)というものがありました!

当時は、嬉しかったメッセージは保護し、それを後から何度も読み直しては、ニヤニヤと嬉しい気持ちに浸っていたものです・・・(遠い目)。

最近は見なくなってしまった機能なので、今は画像として残しておくようにしています。

その場で言うのも大切だけど、時間がたっても、いつでも好きなときに見返すことができるメッセージは、有効活用するべき♪

私は、できるだけラインにも、「ありがとう。」「今日も楽しむぞー♪」「気をつけて帰ってきてね!」等、たくさんの気持ちを送るようにしています。

そのおかげか、夫も最近、たくさんの嬉しいメッセージを送ってくれるようになりました♪

朝、気分良くお見送りできた日↓

お昼休憩の時に見て、と~っても嬉しくなった♪

※実際には、優雅にさぼってなんかいられません!

私の反応は恥ずかしいので消しとこ・・・(笑)

また別の日。

あまりにも忙しくて、思わず弱音を送ったら、意外なエールがきて笑った!

今日も可愛いなんて、完全なネタですが(笑)

それでもいいんです!

くすっと笑えるから、それでいいのだ♪

オハナスタイル公式ライター : ラッキークローバー

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ