2018_11_16(金) 10:30

内容はOK!では会場のデコは?【地域のクリスマス会 7/12】

記事投稿: 莉緒

2018_11_16(金) 10:30

505

記事投稿: 莉緒

505

子ども会のない地域で企画した「子どものためのクリスマス会(初)」。

申込みも順調に終わり、予算も決定。

プログラムも決まって、内容もつめてきました。

……しかし、クリスマスと言えば!な大事な作業が残っています!(前回はこちら

せっかくのクリスマス会、会場もそれっぽくしたい!

さて、プログラムも決まりいろいろな準備も着々とそろってはきましたが、肝心なものがまだ決まっていません。

それは・・・会場の飾りつけです!

せっかくのクリスマス会、イイ感じに飾り付けたい。。

真っ先に思い浮かぶのはツリーですが、当日は子どもたちがわちゃわちゃするだろうとの予想から、クリスマスツリーを飾るのはリスクが高いのではないか、という結論に。

小学生男子はところかまわず走り回るのがお仕事ですからね(笑)

というわけで、ツリーはいったん保留に。

その間に、ほかの飾りつけを考えます。

仲良しママは裁縫の腕を生かして、ガーランドを手作りしたいという案を出してくれました。

端切れを三角の旗にしてひもでつなげてガーランドにしていきます。

もうひとつ、松ぼっくりを使ったガーランドも並行して作ってくれました。

加えて、折り紙で作った輪飾りで色味を足していきます。

それから、クリスマス会の看板作りも始めていきます。

こういった製作物に関しては、仲良しママが本当に頼りになります。

今年一通り作ってしまえば、来年からは使いまわしができるように考えながら作っていきます。

おおよその飾りつけの材料がそろってきたところで、肝心のクリスマスツリーの話に戻ってきました。

ツリーは必ずほしいのです!

クリスマス会だからやっぱりクリスマスツリーは飾りたい。

そんな思いをずっと抱えていた私は、休日の度にプレゼント探しにフリマに繰り出し、その傍らでクリスマスツリーもしっかり探していました。

何度目かのフリマに行った時、私は素敵な出会いを果たすのです!

それは、発泡スチロールでできた穴あきのクリスマスツリー。

見た瞬間にイメージが湧いてきて、速攻仲良しママに電話を入れます。

私の脳裏に浮かんだイメージは、その穴あきの部分にお菓子をつるすというもの。

それを伝えると「ちょうどビスコがクリスマスっぽい包装になってるよ!」という情報が入ってきてもうこれで決まりです(笑)

早速その発泡スチロールツリーを購入して帰ります。


受付終了のしるしに「お菓子」を

受付が終わった子から順に1つずつツリーからビスコをもらっていくという流れにしました。

さらに、ご近所のママから家にあるクリスマスツリーを使って!というお話もいただいて。

もうかなり古いから壊れても気にしないということだったので、ありがたくお借りしてこれでクリスマス会ムード満点!

あとは当日、開催時間より少し早めから実際に飾り付けていくわけですが、そこらへんはまた後程☆

次はお金の話にふれてみます。

次回はこちら

オハナスタイル公式ライター : 莉緒

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ