2018_11_14(水) 09:00

みんな大好き!炊き込みご飯は、絶対エース!!【レシピ付き】

記事投稿: ヒロインは私

2018_11_14(水) 09:00

463

記事投稿: ヒロインは私

463

異常気象続きの夏が終わり、やっと木々も色づき始めるとウキウキしてきます。

このまま、冬に突入するのではないか、とあきらめかけた私達は、早速、楽しみにしていた紅葉を見に、近くの山々に、ドライブに行きました。

素晴らしい景色、赤や黄色のコントラストに、大感動!!

ランチはここ!と決めている、いつものお蕎麦屋さんで、「きのこそば」があったので、即、注文。

なんと、マツタケまで入っていて、主人と大喜び!

我が家の、初マツタケです!!(笑)

大好きな道の駅にも立ち寄り、お目当てのきゅうりはありませんでしたが、里芋とシイタケ、そして、またまた、白川茶を買いました。

肉厚でおいしそうなシイタケ!!

今年は、野菜たちが、異常気象で高値が続いているけど、キノコ類は豊作だそう。

帰宅して、立派なきのこに惚れ惚れしながら、さあ、どうやって食べよっかな~・・・

考えあぐねた結果、迷った時は、炊き込みご飯にしよう。

絶対、おいしいに決まってる!ハズレがないもの。

家族全員、大好きだし・・・という事で、秋の味覚 キノコご飯です!


秋のおススメ炊き込みご飯!

☆きのこご飯(5人分)

  • ・お米4合
  • ・いろいろなキノコ
  • ・人参2分の1本
  • ・油揚げ1枚
  • ・塩少々・しょうゆ・お酒(ご家庭の味付で)
  • ・冷凍庫にあったあさりのむき身も入れちゃいました。

【作り方】

  • ① 米は研いで、ざるに30分位あげておく。
  • ② 人参、油揚げは千切り。油揚げは、熱湯をくぐらせる。
  • ③ キノコは、適当な大きさに切る。
  • ④ 調味料で味付けした状態で、水加減を4合に合わせる。
  • ⑤ キノコ等の全ての具材を投入。
  • ⑥ そのまま、炊き上げる。

今年の夏は、テレビの旅番組で、紹介されていた「とうもろこしご飯」を我が家の新メニューに、追加する事ができ、随分お世話になりました。

夏の想い出をかみしめつついただく炊き込みご飯!

すでにとうもろこしの旬は過ぎていますが、奇跡的に生のとうもろこしを見つけたら、ぜひお試しあれ!&来年の夏はぜひぜひ!!

☆とうもろこしご飯(5人分)

  • ・お米4合
  • ・とうもろこし2本
  • ・塩少々・お酒(ご家庭の味付けで)
  • ・バター・しょうゆ

【作り方】

  • ① 米は研いで、ざるに30分位あげておく。
  • ② 塩・お酒で味付けした状態で、水加減を4合に合わせる。
  • ③ とうもろこしは、芯から粒を取る。(包丁で縦方向に、芯に沿って切れば充分です。)
  • ④ 粒を取った芯も一緒に入れて炊く。
  • ⑤ 炊き上がったら、芯は取って、普通にご飯で1杯。

☆ 味変で、バターとしょうゆを混ぜて食べると、これまた、2杯、3杯。止りません。

少しリッチなまぶしご飯ならこちら!!

「土用の丑」が近づくと、高騰する鰻!

なかなか庶民の家庭が、家族全員でいただくには、勇気が要りますが、我が家では、半分の鰻の量で済む「鰻まぶしご飯」が、度々登場します。

「土用の丑の日」は夏だけ……と思われがちですが、実は年中あります。

ちなみに『2018年の土用の丑の日』は7日もあったんですよ!(1月21日、2月2日、4月27日、7月20日、8月1日、10月24日、11月5日)

さらに!2019年最初の土用の丑の日は1月28日なので、お店に鰻があれば、夏でなくてもぜひ下でご紹介するレシピを試してみてください♪

☆鰻まぶしご飯(5人分)

  • ・お米4合
  • ・鰻 2尾
  • ・鰻のタレ2本(鰻についているタレも捨てずに)
  • ・白醤油・だし汁
  • ・山椒・ネギ・わさび・白ゴマ・刻みのり

【作り方】

  • ① お米4合は研いで、ざるにあげておく。
  • ② 水を4合より気持ち少なめで、普通に炊く。
  • ③ 炊きあがったらすぐに、ざく切りにした鰻と鰻のタレを回しかけ、もう一度、炊飯スイッチを押す。
  • ④ 炊き上がったら、全体を混ぜ合わせてひとまず出来上がり。

【おいしい食べ方】

1杯目は、山椒をかけて

2杯目は、ネギや白ごま、刻みのりなど薬味をのせて

3杯目は、白醤油で味付けしただし汁と薬味を掛けていただく、3度おいしい「鰻まぶしご飯」です。

困った時に、ハズレの無い「炊き込みご飯」は、家族の食を預かる主婦に取って、大切なお助けメニューです。
しかも、具材を入れて炊くだけなので、時短料理で、これまた、大助かり!!

なかなか、旬を味わいにくくなった昨今、旬の食材を使ってできる炊き込みご飯は、最も季節を味わう事の出来る、日本ならではの、「御馳走」です。

日本人に生まれて良かったなあ~。

さあ、今日も家族の為に、おいしい夕飯を作ろお~っと!!

たしか、道の駅で、里芋も買ったっけ・・・

オハナスタイル公式ライター : ヒロインは私

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ