2018_11_08(木) 13:00

本当に「私は大丈夫」? 特殊詐欺被害を防ごう!!

記事投稿: 二児のパワフルママ

2018_11_08(木) 13:00

33

記事投稿: 二児のパワフルママ

33

ここ数年、特殊詐欺や消費者被害にあう高齢者の数が多くなっています。

特殊詐欺にしても、消費者被害にしても共通しているのが「まさか自分が被害にあうとは思わなかった」との言葉です。

中には「そんなに悪い人とは思っていないし、何かの間違いでは?」と加害者をかばうような発言をする人もいます。

生活の基盤となるお金をだまし取られてしまう特殊詐欺や消費者被害。

特にこれから年末にかけて被害が多くなります。

もしかしたら、あなたの親も被害者になってしまうかもしれません。

なぜ、だまされるのか?

当たり前の話ですが、加害者は「私は怪しいです」という雰囲気はだしていません。

詐欺を行う人たちは、礼儀や身なりも正しく、外見からでは判断できません。

さらに、「相手に信用してもらうこと」を前提に詐欺行為に及んでいるわけなので、不信感は抱かせません。

特に高齢者と対面して詐欺を働く人たちほど、好印象を抱くようにふるまうのです。

高齢になった親の価値観を大切にしていますか?

  • 「同じ話を何度もする」
  • 「ちょっとした不安の相談が増えた」
  • 「最近、足腰が弱って少し外出がおっくうになっている」
  • 「話を聞くと、健康不安の訴えが多くなってきた」

高齢者のお話に多い傾向です。

詐欺を行う人たちは、本当に高齢者の話をよく聞きます。親身になって応えます。

(最初のほうは)見返りを求めずに高齢者の困りごとに丁寧に対応しますし、不安な気持ちにも寄り添ってくれます。

ここが、大切なポイントなのです。

自分のことを信頼させてしまえば、相手の術中にはまったも同然。

高額のお金の話もしやすくなるのです。

電話などでだまされる理由は?

高齢者の特徴でもありますが、あまりにテンポよく進む話に、ついていけないことがあります。たくさんの人が出てくる「劇場型詐欺」は、とにかく不安をあおっていきます。

冷静な判断ができない環境を作っていくので、高齢者でなくても騙される可能性は高いのです。不安は判断能力を奪っていくことを知っていてください。

スマートフォンやパソコンでの被害も増えています

架空請求詐欺、ワンクリック詐欺など若い人と同じように高齢者でも増えています。

新しい環境で便利になった反面、巧妙な手口でも騙されていきます。

若い人に相談をする前に、なんとか自分でしなくては…という気持ちがあるため、対応に苦慮している高齢者も多くなりました。

高齢者の不安に付け込んでくる

国民生活センターの分析によると高齢者は「お金」「健康」「孤独」の3つの大きな不安を持っています。

悪質業者は言葉巧みにこれらの不安をあおり、親切にして信用させ、年金や貯蓄などの大切な財産を狙っているといわれています。

さらに最近は認知機能の低下がある高齢者が増えてきていることも、被害が大きくなっているのではないかと考えられます。

また、新しい出来事(例えば国が行う調査や、仕組みに大きく変化がみられる)があるときには、新たな詐欺被害が出てきます。

今後起こりうる詐欺としては、消費税増税・元号の変化など、ニュースで取り上げられる話題が大きいものほど影響が大きいと考えられます。

対策はどうしたらいいの?

高齢者の被害にあいやすいツールは電話と自宅の訪問です。

電話の対応方法としては

  • 防犯機能を備えた電話機の活用 ⇒ 資料はこちら
  • 留守番電話がある場合は、留守番電話に要件を吹き込んでもらい、かけなおすようにする。
  • ナンバーディスプレイなど電話番号を表示できる電話機に交換し、知っている番号以外からの応答をしない。
  • 家族間の合言葉を決めておいて、家族の名前を名乗って電話があった時には必ず合言葉を言う。
  • お金の話が出た時には、対応せずにすぐに電話を切る。
  • 固定電話を廃止して携帯電話のみで対応する。
  • 相談できる家族の電話番号を電話の近くに貼っておく。

訪問時の対応としては

  • ①家族間で〇円以上の買い物をするときには家族に相談する。
  • ②定期的に家族が親の家に来ている痕跡を残しておく。
  • ③親の近隣住民に見慣れない人が出入りをしているときには教えてほしいと伝えておく。
  • ④頻繁に出入りをする人がいるときには、名刺をもらうようにする。

一番いいのは、いつでも親と会話ができる環境です。

まずは電話から。そして可能であれば帰省した時にお話をよく聞きましょう。

親の不安が少なくなること、家族との会話の時間が増えること。

そして、特殊被害や消費者被害は他人事ではないこと。

これから年末が来ます。

年末には特に増えてくる特殊被害の数が、少しでも少なくなりますように。

オハナスタイル公式ライター : 二児のパワフルママ

ライター応募はこちら

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ