2018_10_30(火) 12:07

波に乗ったスゴパパたち!

記事投稿: スゴパパ工場

2018_10_30(火) 12:07

23

記事投稿: スゴパパ工場

23

以前、こちらでもお知らせしたスゴパパ工場の第10弾!「スゴパパ工場@スポル品川大井町~パパ!都心でもサーフィンできちゃうの!?~」が先日、実施されました。

「パパ、スゴイ!」を目指して!

改めて、家族に「パパ、スゴイ!」と言われたいパパのための体験型セミナーの「スゴパパ工場」ですが、今回は初のアウトドアアクティビティということでちょっと不安が・・・

というのも、本当に「スゴイ!」と言われるほど習得することが出来るのか??

実は僕自身、かつて何度かサーフィンに行ったのですが、波になることが出来ずに惨敗して帰ってきました。

集まったパパは6人。そのうち、普通のサーフィンを経験しているのは2人。不安です・・・。

まずはスタッフの方から、乗り方や転び方など細かい説明を受けます。心なしか全員表情が硬い。

ウェットスーツを着たパパ達は“モジモジくん”のようであり、まるで危険なロケの前に“絶対危なくないですよ”と説明を受けている若手芸人のようで実に滑稽です。

な…波に乗ってる⁉

いざ、波の中へ!でも、最初はバーを使った練習からスタートします。無事に全員乗ることができました!確かにバーがあると、立つだけならそれほど難しくはないです。

やっぱり海でのサーフィンを経験している人の方が、飲み込みが早い!かと思ったら、そういうことでは内容です。

というのも、海で乗る波は、後ろから流れてきます。しかし、このCity waveで作られる波は前から来ます。

つまり、まったく逆なのです。

スタッフの方によると、感覚的にはサーフィンよりもスノボに近い感覚で、しかも柔らかいパウダースノーに乗るときのように体を使った方が良いということです。

ちなみにバランスをとる時の重心のかけ方は後ろ側の足に8割くらい乗せる感じになります。


写真で見るより体感は「大きい」

写真でどこまで伝わるか?というところですが、近づくとものすごく大きな波に感じます。しかも、音がなかなかの迫力。

今回は全員初心者なので一番小さい波にしてくれましたが、それでも結構ひるんでしまいそう。

バーを外したら、あとはもう勇気を持って乗るだけ。ポイントはいかにリラックスするか、ということですが、正直かなり力が入ってしまいます。

力が入ると、足下がぶれていってすぐに転んでしまうのです。

こちらではぶつかってもケガをしにくいソフトボードを使っていて、後ろに流されても安全なように配慮されていますが、やはり水の中でもまれると、めちゃめちゃ鼻の中に水が入って痛いです。

しかし、どんなに怖くて、どんなに痛くてもパパは屈しません!家族にスゴイ!と言われるためであれば!ということで、体験することおよそ50分!

海のサーフィン未体験のパパも含め、6人全員がそこそこ波に乗ることが出来るようになりました!

ついにみんなが波乗りに!

お子さんを連れてきていたパパもいて、終わった瞬間に興奮した子どもが「パパ、スゴイね!」と言われていました。感無量。

まさにこの姿が見たかったのです。

海でのサーフィンの経験があるパパも本当に楽しかったと話していました。

というのも、海でサーフィンをする場合は、まず移動に時間がかかり、さらにいい波が来るのを待たなければいけない。

さらにいい波が来ても上手に乗れないことも多くて、とにかく疲れるということですが、ここでは、常にいい波が来て、しかも待っている時間が少なくて、50分といえど、何回も波に乗ることが出来ることが素晴らしいと話していました。

何より面白かったのは、今回は全員初心者だったこともあって、集まったパパの間にものすごい一体感が生まれたことです。

時間を追うごとに他の人が乗っている時にも「いいぞ!もう少し!」とか声をかけるようになりました。

そして最後には全員で「次は、いつにします?」という会話が交わされました。

そんなわけで第2弾も開催します!

11月29日(木)夜8時30分からです!
詳細はこちらから

施設の都合上、人数に限りがありますがぜひぜひご検討のほどよろしくお願いいたします!

スゴパパの道は一日にしてならず。

スゴパパ工場 工場長 杉山錠士
http://www.george-sugiyama.com/sugopapa/

オハナスタイル公式ライター : スゴパパ工場

ライター応募はこちら

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ