2018_10_23(火) 13:24

見た目も大事!

記事投稿: ラッキークローバー

2018_10_23(火) 13:24

62

記事投稿: ラッキークローバー

62

「人は見た目が大事」という考え方に、異常に反感を覚えていた若い頃。

自分は、「外見やお金で絶対に人を判断しない!」と、強く思っていました。

今もそれは根本的に変わってはいませんが、どんどん右肩下がりに変化(つまり老化!)していく現実に、「このままではいけない!」と思い始めてからは、少しずつ考え方が変わっていきました。

見た目、大事です!(切実)

もちろん、それだけじゃダメなのは当然ですが、夫婦が仲良くやっていくためには、やはり、「自分をよく見てもらいたい!」という思いがなくなってしまってはいけないなあと思います。

今回は、そんなアラフォー夫婦の外見のお話。

好きな人目線で服を選ぶ

元々私は、メイクやファッションにはさほど興味が無く、最低限の身だしなみ程度しかしてこず。

かといって、自分の外見に自信があるわけでもありません!

でも、人並みに、好きな人にはよく見られたいとは思うわけで・・・。

結果、『好きになった人の好きな服装や髪型にしてしまう』のです;;

「自分が無い」と言われればそれまでですが、やっぱりいい印象を持ってもらいたいですもんね。

だけど、結婚して、子どもが出来て、毎日顔を合わすのが日常となっていくと、相手の好きな服装に合わせたりすることも、どんどん減っていってしまう現実。

これはもう、私に限ったことではなく、自然な流れだと思うのですが、自分をよく見てもらおうという気持ちそのものが、どんどん減っていってしまうんですよね。(それを手抜きと言う!)

私の実践例!

そこで、私が実践していること!

夫と過ごす休日は、出来るだけ夫の好きな服を着る!

お出かけ先によっては、用途重視な服装になったりもしますが、特に理由が無い場合は、夫がプレゼントしてくれた服や、夫好みの服装にするんです。

優しい色味だったり、編み上げリボンやレースなど、可愛らしい印象の服がお好きなよう♪

これはこれで、私も嫌いじゃありません!

反対に、平日は、自分の好きな服を自由に着ています♪

平日は、夫と顔を合わすのはいつもパジャマなので(苦笑)

いわゆるツナギが好きです♪

可愛らしいものに、ダメージデニムやレザーを合わせたりする、甘辛ミックスコーデも大好き♪

少しでも、お互いにいい気分で過ごせるようにと思って、出来る範囲で外見を意識するように!

あくまでも、出来る範囲です。(着たくない服着て、ストレス溜めてたらいいことないですからね~!)

ある休日の服選び

そうしたら、先日、とても嬉しいことがありました!

夫と過ごせる休日。

いつもなら、夫の好きな服を着るのですが、なぜかその日は自分の好きな服を着たい気分で・・・。

普段、あまり服装にこだわりがない私なので、こんなことは珍しい!

だから、この日は自分の気持ちを優先し、「○○(夫)の好きな感じの服じゃないけど、私はこの服好きだから、今日はこれ着るね。」と一声かけました。

(※そもそもこの実践は、私が勝手にしているもので、夫は何も知りません。夫が私に「この服を着ろ!」などという強制も、一切ありません。)

その後、夫も着替えに行ったのですが、戻ってきた夫を見て、思わず「なんで?」と聞いてしまいました。

夫が着ていたのは、私が夫に着てほしくてプレゼントした、私が好きな服だったからです・・・!

「なんで?だって私、今日は○○(夫)の好きな感じの服、着てないよ・・・。」

なんだか申し訳ない気持ちになってしまった私。

それに対して、夫はサラリと言いました。

「だからだよ!○○(私)は自分の好きな服を着て、更に俺が○○(私)の好きな服を着てたら、2倍いい気分になれるだろ?」

そ、そんな発想があったのか~~!!

なんて、優しさ溢れる発想!

私にこの発想は全くなかったので、びっくりしてしまいました!

こんなふうに考えてくれた気持ちが嬉しくて、2倍どころか、3倍も4倍もいい気分になれた私!

「相手によく思われたい」という気持ちは、「相手にいい気分になってほしい」と同義だったことに、初めて気がついた瞬間でした!


外見で人を幸せにすることもある!

外見を意識することでも、相手を幸せな気持ちにすることも出来るし、それは自分にも返ってくるんですよね。

頑なに、「外見を気にするなんて!」「人は中身が大事!」と息巻いていた若かりし頃の自分に、今の私の頭と心の中を見せてあげたいなあと思った、ある休日のエピソードでした。

さて、次の休日は、何を着ようかな?

皆さんも、お互いがいい気分になれる服を、意識して選んでみてはいかがでしょうか♪

オハナスタイル公式ライター : ラッキークローバー

ライター応募はこちら

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ