2018_10_12(金) 13:50

いよいよ「プログラム&内容」決定!初めてのクリスマス会

記事投稿: 莉緒

2018_10_12(金) 13:50

84

記事投稿: 莉緒

84

子ども会のない地域で、それでも「子どものためのイベントをしたい!」と立ち上がり、クリスマス会を企画しました。

周囲の支えや仲良しママとの協力で回覧板での告知・プログラムの内容決めなどを進めました。全体で約2時間を予定しているクリスマス会。

ワイワイ楽しく考えていましたが、やはり「これまでなかった」イベントをゼロから企画するのはとても大変でした。

プログラムを決めよう!何度も「クリスマス会議」を重ね……

時間を見つけてはお互いの家を行き来しながらクリスマス会議を開き、予算案とにらめっこしながらプログラムを考える、そんなことを繰り返しながらようやくこれは!と思えるプログラムが完成します。

やることは大きく分けて4つ。

■初対面の子が打ち解けられるように

まずは、受付を終えた子どもたちの緊張をほぐすため、お菓子とジュースでアイスブレイク。

この日に初めて会う子どもたちもいるので、座る席はくじ引きを引いてもらうことにしました。

顔見知りや兄弟同士だけで固まって座ってしまうのももったいないですもんね。

■ワークショップもやろう!

次にワークショップ。子どもたちが楽しんで簡単にできるもの、ということで今回は「プラバン製作」にしました。

好きな絵をかいて、それがぐんぐん小さくなってキーホルダーにできる。

私も子どものころ、オーブントースターに張り付いて小さくなっていく様子をワクワクしながら見ていたことを思い出しました。

自分の描いた絵がキーホルダーになって、カバンなどにつけられる喜びももちろん、仕組みはよくわからなくてもワクワクできる魅力がありました。

すごく楽しくてたくさん作りすぎてお母さんが苦い顔をしていたことも、今となってはいい思い出です(笑)

さて、プラバンの利点は年齢に関係なくペンでなにかが書ければ参加できるというところです。

小さい子は必ずしも絵になっていなくたっていいし、大きい子は写し絵などで細かく書いていくこともできるのです。

さらに、縮める前に穴をあけてひもを通しそこにビーズをつけることもできるようにしました。



■みんなが楽しめるゲームと言えば?「ビンゴー!」

次はビンゴ大会にしました。

数字がわかるようになってきた4歳~8歳の子どもたちがメインとなるので、わいわい楽しめるものをと考えたら、自然とビンゴ大会が浮かびました。

ルールが難しくなく、だいたいの子どもたちが1度はやったことがあるであろうという点も重要です。

ビンゴ大会といえば思い浮かぶのはもちろん、豪華景品ですよね(笑)

予算にも限りがあるので、その中で仲良しママといろいろ奔走するのですが、その内容は後々のネタにおいておくとして!

■サンタさん登場&歌もうたっちゃえ!

そして、最後はスペシャルコーナー!

サンタさん登場&プレゼントをもらうというところは変わらずですが、ただサンタさんが出てくるだけじゃつまらない!

ということで、サンタさんの登場の演出をするために子どもたちの注意をひくものが必要ということになり、追加で絵本の読み聞かせと参加してくれている子どもたちで「ジングル・ベル」の合唱をすることに決めました。

オハナスタイル公式ライター : 莉緒

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ