2018_10_03(水) 00:00

結婚と親子の関係

記事投稿: みぃ

2018_10_03(水) 00:00

561

記事投稿: みぃ

561

子供が欲しかった私・・・。

妊娠したら・・・、子供が産まれたら・・・、私の気持ちや子供への接し方はどう変わっていくのだろう・・・。

自分の中にある母性というものが、どんなものなのか想像もできませんでした。

「ママになりたい」、この記事には根底に大きなテーマが流れています。

子猫との暮らし

我が家にソラ(子猫)がやってきたのは、生後1ヶ月半くらいの頃。

ソラが家に居る生活。

思っていた以上に家族や生活が明るくなりました。

生後1ヶ月半、とても小さな子猫でした。

初日は母親と離れて寂しがるかな~と心配しましたが、私を母親代わりみたいに甘えて、すぐに新しい生活にも慣れていました。

私が少し離れると、

「ニャ~、ニャ~」

と私を呼ぶ姿や後追いする姿が可愛くて愛おしくて・・・。

ソラを自分の子供のように接しているうちに、どんどん母性が私の中から溢れていきました。

優しくあたたかい気持ちがとても幸せに感じます。

いつの間にか気持ちも明るく、笑顔や会話が増えていった私に彼からのプロポーズ。

それから結婚がすぐ決まりました。


理想と現実は・・・。

結婚したら、私は主人の両親との同居をと思ってました。

主人は農家の長男だったので、結婚したら一緒に住んでいた方が、早く家族になれる様な気がしていたし、私は家族が多い方が楽しいという考えがありました。

しかし、子供ができるまでは二人で暮らしたほうがいいとの彼の両親のお気遣いがあって、私達はアパート暮らしをする事になります。

子供ができるまで・・・。って、いつまで???

ありがたい言葉でしたが、子供が産まれてくるか分からない私達にはその言葉が寂しく感じました(泣)

こんな何気ない会話の中に、言葉の矢が心を地味に傷をつけていくのです・・・。

私達にとってソラは大事な家族。

一緒に居ることが大前提で物件を探しました。

犬はOKでも猫はNGの物件が意外と多いです。

震災後は避難してきた方がアパートを借りていたりしたので、物件も少なくペット可とい条件は、かなりハードルの高い物件でした。

入籍は30歳のお誕生日に♡

実は私達、生年月日と血液型が全く一緒の二人。

二人の30歳になるお誕生日が入籍日になり、Wの記念日になりました。

私は主人が居て、ソラが居て幸せでした♡

主人もソラが可愛くて。

親が子供可愛さに沢山おもちゃを買ってくるように、ソラに美味しいおやつや玩具を買ってあげている姿を見て、微笑ましく思えました。

主人にも自然と母性が・・・。

もしかしたら、ソラにとって抱っこされることは苦痛なことだったのかもしれません。

私達はいっぱい抱っこしてあげていました。

子供が居たらこんな風に抱っこしてあげたいなと思いながら・・・。

あんなにママになることに一生懸命だった自分が、肩の力が抜けて自然体でいられたのはソラのおかげかもしれません。

治療中の頃の私は、心も体もガチガチでした。

いつも気持ちを張っていたし、どこかで無理して頑張ってた・・・。

まわりも見えていなかったし、まわりからの声も心に響かなかったのは、その時が常にいっぱいいっぱいだったからだと思います。

目標まで全力で走る事って大事なことです。

でも、立ち止まり休む事もあってもいいと思います。

出産は、誰かと順位やタイム、産む子供の数で競うことではないから・・・。

あきらめないココロ。
それだけ持って前に進むだけで、全ての可能性が広がる様な気がします。

そうであってほしいと祈っています。

オハナスタイル公式ライター : みぃ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ