2018_09_19(水) 09:00

斜め上いく答えをするべし!

記事投稿: スゴパパ工場

2018_09_19(水) 09:00

35

記事投稿: スゴパパ工場

35

「空はなんで青いの?」

といった素朴な疑問にはじまり、

「パパはなんでママと結婚したの?」

といったリアルを追求するところにまで入ってくる子どもたちの「なんでなんで攻撃」これはもう性別を問わず子育て中のあるあるであり、正解のない「禅問答」のようなものなのかもしれません。

しかし、そこに答えてこそスゴパパ!

なんですが、実はもっと難しいのは、妻からの「なんでなんで攻撃」正直なところ、子どもが相手だとまだなんとかごまかしやファンタジーで回避することができるものの、いい大人である妻が相手だとそうもいきません。

かといって、ここでミスをすると、妻だけでなく、子どもも含めて株を下げてしまうわけで、スゴパパとしてはここまでフォローすべきでしょう!

そんな中、先日、僕が所属する団体「秘密結社主夫の友」がイベントで行ったのは、そんな妻からの難しい質問に気の利いた、“斜め上をいく”答えを出せるかどうかを確かめる「夫婦円満センター試験」(という名の大喜利大会)です。

皆さん苦戦もしたようですが、その中には本当に参考になる素敵な答えもあったので、ぜひ紹介したいと思います!




私のどこが好き?

結婚して時間が経てば経つほど空気のような存在になってしまうところもあり、かつてのように答えを準備していないことが多い問いですが、参加者は素晴らしい答えを出してくれました。

*「うん、そういうアバウトなところ」byがっちゃんさん

⇒質問のアバウトさを完全に利用した合気道のような身のこなしを感じます。

*「そうやって聞いてくれるところ」by浅野さん

⇒こちらも逆手にとるスタイル。これはもうかなり幅広い質問に使えるジョーカー的なものかもしれません。

*「まだわからないよ。もっと知りたいな」byたけおさん

⇒わからないだけでは逆鱗にふれそうですが、そこにひとこと加わるだけで素晴らしい答えになりますね!

続いてもう一つ。

おなかすいたんだけど。

もはや疑問形にもなっていないけど、実際はこちらに答えを委ねている高度な質問。「Why」に「Because」という方程式を超えた答えとは?

*「また同じタイミングだね。アレでいいよね?」byたけおさん

⇒うまい!女性が喜ぶ“共感”をしつつも、さらにふわっとした返し。しかも、しっかり自分が作る流れを作っている辺りは素晴らしい。

*「30分待てるならパスタ。10分ならねこまんま、1分ならバナナかな」byしゅうちゃん

⇒極めて男性っぽい問題解決型の返しですね。具体的な三択を与えることで、この後の流れがスムーズになりそうです。ただしここから「5分だと何?」とさらに質問される可能性もありますね(苦笑)

*「そうくると思って、君の好きなパンを買っておいたよ」byひろかずさん

⇒EXCELLENT!これは考えつかなかったですねー。個人的には絶対にモテる回答ではないかと感じました。

どんなパンがあったとしてもあくまでも“君のために選んだ”ということになればそれだけでキラキラ輝きます。脱帽です。

イベントはライオン株式会社協力で行われたので、素敵な答えをしてくれた方には座布団の代わりにライオンの製品が贈られました。

さあ、あなただったらどんな答えをしますか?こういう質問を振られる可能性は常にあります。

事前に考えておくことはなかなか難しいですが、どんな質問がきても対応できる頭の柔らかさは常にスタンバイしておきたいモノです。

スゴパパの道は一日にしてならず。

スゴパパ工場 工場長 杉山錠士

スゴパパ工場

オハナスタイル公式ライター : スゴパパ工場

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ