2018_09_11(火) 09:00

どの競技にとっても大切!疲労回復のための食事

記事投稿: りんごstyle

2018_09_11(火) 09:00

205

記事投稿: りんごstyle

205

 

疲労回復に効果的な食事は?

では、今日は疲労回復のための食事についてお話させていただきます。

疲労はたくさんの要因によって起こります。筋肉の疲労はもちろん、神経の疲労や精神的な疲労など様々です。

これらの疲労状態から回復するには、栄養・休養をとることが最も大切であることは言うまでもありません。

トレーニングや練習の疲労を持ち越さず、日々ベストな状態で臨むためにはどんな栄養素が必要なのか考えてみましょう。

糖質に注目!

まず意識していただきたいのが糖質の摂取です。糖質は増量にも運動前の栄養補給にも大切ですが、疲労回復にも大きな役割を果たしています。

糖質が足りていない状態だと、運動が続けられなくなり、疲労感が増大してしまいます。

朝昼夜の食事はもちろん、運動後の補食にも糖質をしっかりととり入れましょう!

運動後できるだけ早く、遅くとも2時間以内に200kcal以上の補食を食べてください。

200kcalはコンビニのおにぎり1個、スナックパン2~3本になります。

ハードなトレーニングの後で食欲が出ない場合は炊き込みご飯などの味付けごはんにしたり可能であれば麺類を選んだりしてください!

果汁100%のジュースやバナナにも糖質は多く含まれています。

バナナだと1本約70kcalです。

ビタミンは「B1」を意識して

もう1つ注目したいのが疲労回復ビタミンともいわれる「ビタミンB1」です。

ビタミンB群にはB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸があり、それぞれ食事をエネルギーに変えたり、消化吸収するのをスムーズにするために働いています。

ビタミンB群が不足した状態だとせっかく食べたものもうまく消化されない可能性がでてきてしまいます。

特にB1は糖質、B2は脂質、B6はたんぱく質の代謝に関わっているので意識して摂取してほしいです。

ビタミンと聞くと野菜や果物に多いイメージですが、B群はたんぱく質性の食品にも多く含まれています。

疲労回復に大切な「糖質」の代謝に関わっている「ビタミンB1」。一緒にとると効果が大きくなります。

ビタミンB1は、緑黄色野菜、胚芽玄米、豚肉、大豆、ハムソーセージなどにたくさん含まれています。

夏バテ予防、スタミナアップのために豚肉が勧められるのはこれが理由です!

また同じものを食べてもリラックスした状態で食べるのとそうでないのとでは、消化吸収の効率も変わってきます。

試合やトレーニングのあとはしっかり休養をとってくださいね。

では今日はここまで、ありがとうございました🍎


今日の1品「コーンごはん」

一番シンプルなレシピです。豆ごはんのコーンバージョンって感じかな?バターや醤油で味付けしたものも挑戦してみたいですね!

[材料]約3人分

  • ・コーン缶 1缶(190g、正味120g)※コーン缶は砂糖不使用のものを!
  • ・ごはん 2合
  • ・酒 大さじ2
  • ・塩 小さじ1

[作り方]

  • ① コーン缶を開け、コーンの粒と汁に分けておく。
  • ② 米2合を洗い、しっかり水気をきってからコーン缶の汁、酒を入れ、その後内釜の2合の線まで水を入れる。
  • ③ さらに塩を入れて軽く混ぜ、コーンを上においてスイッチON。炊けたら全体を軽く混ぜて完成です!

あとがき

みなさん兵庫県の高砂ってご存知ですか?

実は、私の実家は高砂で焼きあなご屋をやっています!

その「下村商店」で年に1度ミニあなご丼が400円で食べられます。

それが9/15、9/16に高砂市で行われる「万灯祭」です!

地元ではそんなにメジャーな祭ではないのですが、遠方から来られているお客様がとても多いイメージです。

ぜひお近くに用がある方はお立ち寄りください。

万灯祭ホームページはこちら

オハナスタイル公式ライター : りんごstyle

ライター応募はこちら

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ