2018_09_11(火) 09:00

夢が叶った今年の夏♪

記事投稿: ラッキークローバー

2018_09_11(火) 09:00

223

記事投稿: ラッキークローバー

223

平成最後の夏が、終わろうとしています。

我が家にとっては、長女が小学校最後の夏ということもあり、特別な思いで過ごしたひと夏でした。

そんな今年の夏休み。

ずっと憧れていた夢が、ひとつ、叶ったのです!

夫もとても楽しんでくれて、それが私にとっても嬉しかった!

今回は、その叶えられた夢について、書いてみたいと思います。

ずっと憧れていた、私の夢!!

念願だった私の夢のひとつが、「家族そろって浴衣で花火大会に行く!」ことでした!

な~んだ、そんなこと!と、思われたかもしれません。

きっとほとんどの人にとっては、些細な夢です。

でも、私にとっては、結婚する前からの憧れでした!

すぐに実現出来そうな夢でしたが、実際には、娘のものは躊躇なく買っても、自分のものをなかなかポンと買うことはなく。

あっちこっち走り回ってしまう、小さな子どもを連れての花火大会は、自分の服装を楽しむ余裕も正直無かったんです(泣)

きっと、浴衣を着たとしても、すぐに着崩れて、めちゃくちゃになってしまったでしょうしね。

そろそろ実現出来る?!と思いきや・・・

娘も大きくなり、私と夫にも余裕が出来て、「今なら浴衣で楽しめるんじゃないか?」と気づいたのが、去年の夏(遅!)

ですが、このタイミングでも、実現には至りませんでした。

というのも、「こんないい歳して、夫婦揃って浴衣でお出かけなんて、恥ずかしい!」という気持ちがあったのです。

「嬉し恥ずかしお揃い編」でも書きましたが、若い頃はそれほど抵抗がなかったことも、歳をとるに従って、他人の目が気になって、自分の希望や行動を制限してしまうようになるんですよね。

更なる壁は、費用の問題

それに、家族全員浴衣を着るとなれば、結構な費用がかかります。

(娘は、リボンでくくるタイプのドレスの浴衣をこれまで着ていたのですが、サイズも小さくなっているし、これを機に新調しようと思っていました!)

浴衣だけでなく、下駄や帯、巾着等の小物も必要になるので、我が家にとっては大きな出費!

「絶対に必要な物でもないし、私がただ憧れてただけだから・・・。」と、諦めモードに・・・。


このまま今年の夏も終わってしまうのか?!

ところが、思いのほか、夫の後押しがあり!いろいろ考えて、今年の母の日&父の日のプレゼントは、お互いに浴衣を贈り合うことに決めました!

みんなで何度もいろんなお店へ行って、それぞれ柄や色を一緒に選び、実際に着付けてもらったりして、時間をかけて選びました。

そうしてやっと、家族全員分の浴衣を購入!

しかし、楽しい予定がたくさん入っていて、なかなか花火大会へ行ける日がなく・・・(泣)

夏休みの最後の最後に、やっと行くことが出来たのでした~~!

早速、帯が曲がっているけど(汗)

普段、人ごみを歩くのはとっても嫌う夫でしたが、この日ばかりは私の夢の実現のために、協力的(笑)

そもそも夫は、昔剣道部に所属していたこともあり、和服に対する思い入れもあって、全く嫌がらずに浴衣を着てくれました♪

以前、「続!ドキドキ&ときめきたい編」にも書いたのですが、普段着ない服装をしてるだけで、2割増しにかっこよく見える不思議!!

とっても似合ってる♪

そして私も、どうにかこうにか浴衣を着ることに成功。

少々、おかしいところがあっても、そこはもう気にしたら負け!ということにしておきました(苦笑)

いよいよ、花火大会へ!!

満を持して挑んだ、「家族そろって浴衣で花火大会」!!とっても楽しくて、忘れられない思い出を作ることが出来ました~!

これはたまたまかもしれませんが、若いカップルや子どもは、浴衣率もまあまあ高かったと思います。

でも、我が家のように、いい歳した夫婦で浴衣を着てたり、家族みんなで浴衣というのは、ほぼ見かけませんでした。

これって、すごくもったいないなあ~と感じました。

いつもと違う格好で、夫婦揃って一緒に歩くだけでも、とっても新鮮で楽しいのに!

下駄が歩き辛い分、夫が優しくリードしてくれるし、会話も弾みます。

実現まで少し勇気が必要だったけれど、こういう非日常感や、お揃いの魔力のおかげで、お互い優しい幸せな気持ちになれました♪

もうひとつの夫が喜んだこととは・・・?

もうひとつ、夫がとても喜んでいたこと。それは、数年前に行ったベトナムで、当時の次女より小さい少年から買った扇子を、今回初めて使ったこと!

なかなか使う機会がなく、ずっと夫の書斎で眠ったままでした。

「やっとこれが使える!」と言って、感慨深そうに手にした扇子は、とっても素敵で、夫にもよく似合っていました。

夫の嬉しそうな様子に、私も心がほっこり♪

かけがえの無い時間を過ごし、家族みんなが笑顔になれた、この夜のこと。

花火に負けないくらい、お月様もきれいで、心が洗われるような夜でした。

娘が撮ってくれた、夫とのツーショット♪

来年の花火大会まで、このときの気持ちを忘れずにいたいなあと思います。

オハナスタイル公式ライター : ラッキークローバー

ライター応募はこちら

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ