2018_09_06(木) 09:00

睡眠の大切さ

記事投稿: りんごstyle

2018_09_06(木) 09:00

153

記事投稿: りんごstyle

153

先日グアム旅行に行ってきました!

一緒に行った後輩となかなか休みが合わず、2泊3日という弾丸旅行でしたが、とても楽しかったです。でも、3泊4日をおすすめします!笑

海外の食文化は面白いですね~

お肉も迫力が違いますし、1個1個の大きさが規格外でした…

次はシンガポールとか行きたいですね!

今日は睡眠についてお話させていただきたいと思います!

健康のための3要素といえば「運動」「栄養」「睡眠(休養)」です。

このうちのどれか欠けても体調を崩しますが、運動や栄養に比べて睡眠不足が健康に直結しているとわかっている人は少ないと言われています。

人の身体で睡眠不足に弱いのは、脳です。

少しくらいの睡眠不足で筋肉が衰えたりすることはないが、脳は細胞の1部が壊れたり、適正な司令が出せなくなったりします。

また、この脳から出る「ホルモン」が痩せや肥満に大きく関わっています。睡眠と肥満にかかわるホルモンを4つ見ていきましょう!

① 成長ホルモンを増やす

22~2時の間にもっとも分泌が盛んになるこのホルモンは有名ですね。

成長ホルモンというと子どもにしか関係のないものに聞こえますが、大人になってからも筋肉を増やして脂肪を減らしてくれるため、とても大切です。

② レプチンを増やす

レプチンは、食事をした際に脂肪から分泌され、脳の満腹中枢を刺激し、食欲を抑えてくれます。

睡眠が十分足りている人と、睡眠不足の人を比べると、睡眠不足の人のレプチンが少ないと言われています。

③ グレリンを減らす

グレリンはお腹が減って体内のエネルギーが不足している時にエネルギーを補充しようと分泌され、食欲中枢を刺激し、食欲を増加します。

しかし、睡眠不足になるとこのグレリンが必要以上に分泌されます。

グレリンが増えると、食欲が増加するだけではなく、ラーメンや揚げ物などの高カロリーなものを食べたくなり、
太ってしまいます。

睡眠をしっかりととることで、このグレリンを少なくすることが大切ですね。

④ コルチゾールを減らす

コルチゾールはストレスホルモンと言われており、コルチゾールが増えると基礎代謝が低下し、ダイエット効率を悪くします。

このコルチゾールの分泌は、睡眠時には抑制されるので毎日きちんと質の高い睡眠時間を確保すれば、太りにくい体質に近づくことになります。

以上がホルモンになります。

運動や食事をどれだけ気をつけても、ホルモンが邪魔してダイエットできなければ意味がありませんね!

睡眠にも十分気を配るようにしましょう。

では今日はここまで、ありがとうございました🍎


今日の1品「桃のレアチーズケーキ」

友人の誕生日だったので、作りました!焼かなくてもいいから簡単に作れますね。

[材料]直径18㎝丸形1台分

  • ・桃缶(白桃・黄桃) 適量(合わせて1缶分もあれば余裕)
  • ・ビスケット 100g
  • ・バター 50g
  • ・クリームチーズ 200g
  • ・レモン汁 大さじ3
  • ・粉ゼラチン 13g(ケーキ用8g、ゼリー用5g)
  • ・水 適量
  • ・桃のシロップ 80mL

[作り方]

  • ① クリームチーズは室温で戻しておくか、電子レンジで約30秒加熱して柔らかくしておく。
  • ② 粉ゼラチンはそれぞれお皿に少量の水を入れ、その上に振りかけてふやかしておく。
  • ③ ビスケットを2重のジップロックに入れ、細かく砕き、バターを入れて袋の中で混ぜ合わせる。
  • ④ 型の底に砕いたクッキーを敷き詰め、スプーン等で表面を平らにして、冷蔵庫で冷やす。
  • ⑤ ボウルにクリームチーズを入れ、ゴムベラで滑らかになるまでよく練る。
  • ⑥ 滑らかになったら砂糖、生クリーム、レモン汁の順に入れ、その都度よく混ぜる。
  • ⑦ ふやかしておいたゼラチン(8g)を電子レンジで約20~30秒加熱して溶かし、⑥に加えて混ぜる。
  • ⑧ ④に⑦を流し入れ、冷蔵庫で約2時間よく冷やして固める。
  • ⑨ 白桃と黄桃を薄くスライスし、固まった⑧に交互に並べていく。
  • ⑩ ふやかしておいたゼラチン5gを電子レンジで20~30秒加熱して桃のシロップに加える。
  • ⑪ ⑨の上からシロップを流し入れ、冷蔵庫で約2時間冷やし、固まったことを確認したら型から外し、完成!

オハナスタイル公式ライター : りんごstyle

ライター応募はこちら

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ