2018_09_03(月) 09:00

子供の心に残る♪3世代旅行編

記事投稿: いちかママ

2018_09_03(月) 09:00

155

記事投稿: いちかママ

155

夏休みも終わり、日常が戻ってきて一息ついているお父さん、お母さんも多いのではないでしょうか。

この夏に家族で出掛けた思い出を、お子さんが学校や幼稚園で自慢してくれているかもしれませんね。

さて、旅行・観光業界としては、9月の連休や冬以降のレジャーに向けて動き始める頃。

今月は「敬老の日」もあるということで、おじいちゃん・おばあちゃんと温泉旅行なんて素敵な計画をしている方もいるのでは?

そこで今回は、最近人気の3世代旅行のコツをご紹介しますよ♪

旅程の詰め込み過ぎに要注意!

大人になると、自分たちの親と旅行へ出掛けるという機会はなかなかありませんよね。

それが結婚して子どもが生まれたことをきっかけに、「親孝行になるかな」と旅行へ誘うパターンが最近は多いようです。

お子さんの100日祝いやご両親の還暦祝いなど、イベントに合わせて旅行するというケースもあります。

こうして計画が浮上した3世代旅行、せっかくなら皆が楽しめるお出掛けにしたいですよね。そこで気を付けたいのが、“疲弊してしまうほどの旅程詰め込み過ぎ型”旅行。

よく「うちの子はおじいちゃん・おばあちゃんに懐いているし、大人が4人いれば子連れ旅行も楽勝!」なんて考えてしまうことがありますが、それはちょっと危険信号。

当たり前のことですが、孫・親・祖父母それぞれの世代ごとに体力や歩くペースも違います。

おじいちゃん・おばあちゃんに無理をさせてしまったり、お子さんを急かしてしまったり、みんなのペースを合わせるために誰かが無理をしないように気を配りましょう。

観光地をあちこち巡るよりも、1か所で遊び歩けるような場所を選ぶのがおすすめです。

最近は、滞在型リゾートホテルや温泉旅館の施設がとても充実していて、館内にプールやアスレチック、スパなど3世代で楽しめる工夫がされているところも。

早めにチェックインして、ホテルや旅館の中でゆっくり遊んで過ごすのも快適ですよ。


親しき仲にも…?!お互いにリフレッシュできる環境つくりを!

さて、3世代旅行で意外と悩む方が多いのが“部屋割り問題”。

予約の段階でお互いに打合せをしないまま任せっきりにしていたら、当日「全員で一部屋に泊まる」と言われてびっくり!など、ちょっとしたトラブルの元になってしまうことも…。

確かに3世代旅行でも、全員で一部屋に泊まった方が割安になることが多いです。でも、個人的におすすめしたいのは“世帯ごとに部屋を分ける”かたち。

たとえ日頃からご両親と関係が良好としても、旅行先では些細なことがストレスになることがあります。就寝のタイミングや、着替え場所のこと。

バス・トイレが一緒の場合、人数が多いとトイレに行きたいタイミングで行けないこともあります。

ご両親も、いつもの生活リズムより娘・息子世帯のことを優先したり気を遣ってしまうかもしれません。

せっかくに旅行なのに、お互いが気を遣ってばかりでは勿体ないですよね。それならば、旅行予約前の段階で「部屋はそれぞれ世帯ごとに」と打合せをしておいた方が断然楽しい旅行になりますよ。

是非、3世代それぞれがリフレッシュできる環境を優先してくださいね♪

皆の記憶に残る楽しい3世代旅行を♡

子どもというのは不思議なもので、同じ家族旅行でも「3世代旅行」となると特別感が増大して、より記憶に強く残るようです。

かく言うわたしも、昔、祖父母や従妹世帯と一緒に温泉旅行へ出掛けた思い出が今も心に残っています。

家からそんなに遠くない手軽な距離の温泉だったけれど、みんなで過ごせることが嬉しかったものです。

もちろん、お子さんだけじゃなく自分たちにとっても、ご両親と旅先で一緒に過ごす時間はかけがえのないものです。

是非、ご家族みんなの記憶に残る素敵な3世代旅行をしてくださいね。

オハナスタイル公式ライター : いちかママ

ライター応募はこちら

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ