2018_09_01(土) 09:00

ウッドデッキの使い道は?あなたならどう使う?どう遊ぶ?

記事投稿: つん

2018_09_01(土) 09:00

521

記事投稿: つん

521

ウッドデッキを取り付けてみたものの、どう使えばいいのか悩んでるあなた、実は色々な使い方ができます。

子ども達の成長とともに、さまざまな使い方ができるウッドデッキ、それぞれに合ったライフスタイルで、色々な使い方をしてみてはどうでしょうか。

今回は7つのポイントに絞ってお伝えします!

①優雅な朝食が食べたい!テーブル、チェアなどを置くスペースに

子どもが小さいうちは、難しいですが、少し大きくなれは、テーブル、チェアを置いて朝食、休憩、そういう使い方もいいですよね。憧れます。

テーブル、チェアを置くなら、目隠しに柵があるようなウッドデッキがおすすめです。人の目が気になるようでは、落ちつきません。ちょっと、いつもと違う雰囲気を楽しみたい方は、目隠しに何か考えてみてください。

②家事動線短縮、2階にわざわざ洗濯物めんどくさい、洗濯物干し場として

家事動線を考えれば、1階で洗濯物を回し、洗濯物を干して、取り込む、畳む、までの動線を全て、1階でできればいいですよね。まさに、理想の動線です。

ですが、ウッドデッキが道路に面している場合だと、洗濯物が人目につきやすいかもしれません。なので、1階で全て済まそうと思われている方は、目隠しは必須ですね。

靴などを、洗って干すには最適ですし、1階にあるソファのクッションや、子どもの靴類、おもちゃなどを洗って、天日干ししたい時は、ウッドデッキは使えますね。わざわざ2階に持って行く手間が減ります。

③いろんなスタイルで楽しむBBQ

私がウッドデッキを作って一番にしたかったことです。ウッドデッキ自体を、土足にするのか、しないのかで、BBQスタイルに違いがでます。

ウッドデッキを部屋の一部として考える場合は、土足禁止で、簡易式のテーブル、チェアを置いて、ウッドデッキの外で焼いた肉などを食べる場所にする。または、卓上BBQコンロを買って、座りながらする。

ウッドデッキを外として考える場合は、土足で、食べる所、焼く所を別々にしないBBQ。コンセントが外についる場合は、電気を使ったBBQや、ガスBBQなど、炭に比べて後片付けがしやすいものを買うのもいいですよね。

我が家は、炭用コンロはあるので、卓上コンロか、電気グリル、ガスグリル、ホットプレートのどれかを買い足ししようと考えています。

みんなでワイワイBBQ楽しいです。煙などの臭い問題もあるので、BBQをする場合は、ご近所さんに声をかけて一緒に誘ってみましょう。


④素足でも安心、プールでワイワイ

子ども達は喜びます。外でプールをする場合、大人は危なくないか、一緒に外に出て見守っていないといけません。コンクリートは暑いので、水をかけるなどしないと、火傷します。

私の長男も、一度、私が部屋に入ってものを取りに行ってる間に、私を追いかけて、コンクリートの上を歩いてしまい、足の裏に火傷をおってしまい、しばらく冷やすのに泣いて泣いて大変だったのを思い出します。

それに比べてウッドデッキは、素材が木なので、素足で歩いても暑くならず、安全です。天然の木の場合は、ささくれがないかはチェックが必要ですが、プールの下にビニールシートを敷かずに遊べます。

素材が木ではない場合は、かなり暑くなるので要注意です。

⑤広々物置スペースや、楽ちんゴミ出し

ゴミ置場にしたり、その他の床置き道具などの物置スペースとして使うパターンです。

ゴミ置場にする場合は、そこから玄関を通らずに、外に出て直接ゴミ回収をしてくれるようなら便利ですよね。なので、階段ありのウッドデッキや、囲いのないウッドデッキがおすすめです。

外遊びに使うおもちゃなども一緒に置いておけば、玄関や、玄関周りがごちゃごちゃすることがなくスッキリ過ごせますね。

⑥レジャーシートを開いてピクニック気分でお弁当

①と似ていますが、レジャーシートを敷いて、作ったお弁当を広げてピクニック気分を楽しみましょう。

友達がたくさん来た場合でも、ウッドデッキでみんなで食べれば、床やソファが汚れる心配がないですし、子ども達も解放感があっていいのではないでしょうか。

私の友達は、ウッドデッキをみんなでお昼ごはんを食べるスペースにと使う場合が多く、土足にはせずに準室内のように扱っているパターンがかなり多いです。

完全に外扱いにしてしまうと、靴を脱いだり履いたりする手間がかかりますし、靴を履いたまま家に上がる、なんて危険もあるというのが、理由です。

ちょっとした外遊びにも、ウッドデッキを使えます。どちらかが、昼寝をしていて外に出れない時に、おもちゃを持ってウッドデッキで遊べますし、昼寝から起きても気づけます。

このように、子どもがいる家庭は使い方は多様です。

⑦たまには、日曜大工をするパパの場所にも

日曜大工をしてくれている、パパの憩いの場にしてあげるのもいいですね。

どうでしたか??色々な使い方を楽しんでみてくださいね。

オハナスタイル公式ライター : つん

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ