2018_08_29(水) 09:00

男子でも見栄えを気にするべし!

記事投稿: スゴパパ工場

2018_08_29(水) 09:00

210

記事投稿: スゴパパ工場

210

チャーハン、野菜炒め、ステーキ、麻婆豆腐・・・だいたいそういうイメージでしょうか?(なぜか中華が多めですね)

ざっくり切ってワッシャーと炒めてハイ完成!味濃いめ、量多め、一品勝負!実際に料理をするようになってからも確かに困った時はこういうものに頼るところはあります。

パパの作ったお弁当は茶色い、そう言われたことだってあります。

言い訳かもしれませんが、男子は自分がだいたいそういうお弁当で育ったのですから仕方ない部分もあると思っていただきたいのです。


そこで諦めないのが「スゴパパ」なんです

とはいっても!我が家のように娘を持つパパにしてみれば、そのハートをがっちりキャッチするためにも見栄えがいい料理だって作りたいのです。

妻が作ったりすると、なぜ同じ食材からこんなにも違う見た目のものができるのだろうかと不思議で仕方ないのですが、それが現実。

というわけで、ちょっと趣向を変えて、デザートで勝負することにしました!(別に妻と勝ち負けを競うことではないですが)

リンゴとキウイが大変身!?

買ってきたのは、リンゴとキウイ。栄養たっぷりだし扱いやすいので、我が家でもかなりレギュラー的な存在です。特にキウイは、半分に切ってスプーンを渡すだけで食べられるので超便利です。

しかし!そこは半分に切るのではなく、いわゆるフルーツカッティングにチャレンジしてみました。

まずはリンゴから変身させましょう~♪

まず、リンゴは芯をよけて3分の1くらいカット。それを2ミリくらいずつスライスしていきます。神経を使う作業ですが、丁寧にやれば、それほど難しくはありません。

そしてスライスし終わったら、両端の2枚をとって立て、竹串で中心からずれたところに下まで刺します。

で、それを支点にしながら、スライスしたリンゴをずらしていくのです。

そうすると・・・こんな感じになります!スライス自体が多少雑でも結構見栄えがいいものができあがるのがありがたいところ。

次はキウイを「バラ」に!

一方キウイも途中まではだいたい同じ。縦半分に切って皮をむいたら丁寧にスライス。

ここは可能であれば1ミリくらいをキープしたいところ。柔らかい分力を入れずに切ることができるので割とやりやすいと思いますが、繋がっている部分が無いように下までしっかり切ってください。

スライスしたものをずらしていって、後は端からくるくる丸めていくだけ。キウイのバラが出来ました!

大きさ的に小さめのココットに収まるので入れてしまえば食べながらバラバラになることもありません。さあ!二つを一緒に盛り付けたら・・・完成です!

どうですか?ちょっとお店のような感じになりますよね??

かくして子ども達の反応は?

実は・・・完成はしたものの、まだ娘たちは帰ってきていません。どんな反応をするか?ちょっと楽しみです。もちろん、娘たちだけでなく妻の反応も気になります!

(ふと思い出したのですが、今日は妻の帰りが遅い日。妻が帰ってくる前に娘たちに食べられてしまわないことと、リンゴが変色しないことを祈ります)

きっと頑張ってスライスする価値はあるはず!ぜひやってみてください!

スゴパパの道は一日にしてならず。

スゴパパ工場 工場長 杉山錠士

スゴパパ工場

オハナスタイル公式ライター : スゴパパ工場

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ