2018_08_19(日) 09:00

行ったことある?救命救急講座で「緊急時」の対応を学ぼう!

記事投稿: ぶちかぶちか

2018_08_19(日) 09:00

481

記事投稿: ぶちかぶちか

481

地域の救命救急講座に参加してきました。過去にも参加しているのですが、何度教わってもいざ本番できちんと対応できるのか常に不安です。

なので少しでも自信がつくようにと機会があれば出来る限り参加するようにしています。

皆さんにとって、きっとご存知の対処法も多いかと思いますが、数ある救急法の中のほんの一例です。見直す気持ちで読んでいただけたら幸いです。

プロの救命救急士のお話はタメになる!

今回も経験豊富な救命救急士の方からお話を伺って、実際にAEDを使ってやり方を教わったり、心臓マッサージの練習をしました。

心臓マッサージでは、練習は人形ですが本番はもちろん生身の人間です。

人形以上に体が柔らかく安定しないので首を固定させたり、胸と胸の間をしっかりと捉えることは想像するよりも難しいのです。

近年、人工呼吸法はあまり教えていないそうです。

その理由は、呼吸が止まった人を救助する時にその場にいる人が見ず知らずの人にためらいもなく人工呼吸ができるかどうかが課題になるそうです。

やはり抵抗があると感じる人が圧倒的だそうです。

なので、人工呼吸よりも主に心臓マッサージをメインにやってもらい、もし近くにAEDがあれば併用して呼吸確保に努めることを最優先にしているそうです。

そして人工呼吸法について学ぶ場合には難易度が高いため、より長い講習時間が必要とのことで今回は省力されていました。

緊急時、呼吸の「ある・なし」はどうやって判断するの?

呼吸がきちんとあるかどうかをはっきり判断する場所は、胸と心臓の部分を見て動きがあるかどうか。

ここが一番分かりやすいそうです。

もし呼吸が停止していても口がパクパクと動いている場合がまれにあり、それだけを見て意識がまだあると誤解することも少なくないそうです。

次に、小さいお子さんがいる家庭でより注意が必要な誤飲や窒息について。

たばこを万が一飲み込んでもたばこ自体には大した害はなく、それよりも煙草の灰皿の汁を飲んだ時が一番怖いそうです。

それはタールやニコチンが水に溶けやすいため、その水を飲み込んだ時の害が最も危険とのこと。

誤飲した場合もすぐに吐き出した方がいいもの、すぐに吐かせない方がいいもの、吐かせず様子を見た方がいいものなど色々あるので注意が必要です。




意外に日常生活中に「窒息」の危険が!?

続いて窒息について。

基本的にトイレットペーパーの芯の穴の中に入る大きさのものは子供が飲み込める大きさなのでくれぐれも注意してください。

万が一、物を飲み込んだ可能性があった場合、無理やり指をのどの奥に入れて取ろうとすると逆に詰まる危険性があるため絶対にしないでください。

もし、口を開けてはっきりと異物が見える場合のみやってもいいそうです。

知っておきたい「子どもがひきつけを起こした時」のこと

次にひきつけについて。

我が家でも長男が1歳になった頃に泣き入りひきつけになり、何度か怖い思いをしたことがあります。

激しく泣いていた時に急に静かになったと思ったらみるみる顔色が青白くなり、眼も上を向いて体ががくがくと痙攣し始めました。

そういう時は名前を呼んだりしない方がいいと何かに書いてあったのでとにかく子供が落ち着くのを待ちました。私一人でしたし、内心はとても怖かったです。

いずれも大体、1~2分以内で治まり自然に回復しましたが、直後に子供も怖かったのか再び大泣きしました。

その後、長男は何回か同じことが起きましたが体が大きくなるにつれ自然とひきつけも治まりました。

子供のことでまだ救急車を呼んだことはないのですが、どれくらいのレベルの範囲で救急車を呼ぶべきなのか、程度が未だによく分かりませんし呼ぶ勇気がないのも正直なところです。

ただ、そこで迷ったり躊躇していて万が一手遅れになってしまったら、それこそ命取りであり、一生の後悔にもなり兼ねません。

少しでも迷った時は、直接救急に電話して聞いてもいいそうですし、小児に関する相談窓口もあるのでぜひ利用されるといいと思います。

緊急事態が発生したとき、果たして自分自身が冷静に正しい判断が取れるのか……。

何回講習を受けていても未だに自信はありませんが、冷静に行動できるようになるためにはやはり経験の数、または知識の数があってこそだと思います。

そのためにどんな些細な知識でも知っておいて損はないと思うので、私も日頃から学ぶ姿勢を持ち続けなければと感じています。

油断大敵!

うちの子は大丈夫、と油断している時こそ一番怖いです。

まだまだたくさんの興味深いお話を救命救急士の方から伺いましたが、日々を忙しく過ごしていると忘れがちなことも多いです。

愛するお子さんや御家族のためにもたまに育児書などを読み返してみるのもいいかもしれません。

最後に、人々の安全のために日々訓練を重ね活動されている救命救急士の皆さんにこの場をお借りして改めて感謝したいと思います。

オハナスタイル公式ライター : ぶちかぶちか

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ