2018_08_15(水) 09:00

俺の絵本を見つけるべし!

記事投稿: スゴパパ工場

2018_08_15(水) 09:00

335

記事投稿: スゴパパ工場

335

先日、実家に帰ったときに「子どもの頃、絵本を読んでもらった記憶がない」と言うと、母親から「頼まれたことないし」と一蹴されました(笑)

確かに、毎日兄二人と駆けずり回っていたので、夜、布団に入ると秒殺だったなと。

今更になってそれが悪かったと思っていませんが、パパになってから、周りに絵本好きのパパが多くなり、そこから絵本に興味を持つようになりました。

今では、結構娘の寝かしつけの時に絵本を読んでいます。そんな中、僕の絵本の師匠とも言うべく「絵本のスゴパパ」に先日「スゴパパ工場」で絵本講座を担当してもらいました!

渋谷の住宅展示場「パナソニックホームズ」に集まったパパたちに絵本を指南してくれたのは絵本情報サイト「絵本ナビ」(なんと一部は全編試し読みもできる!)というサイトで働く、奥平亨さん。

もう、絵本のことを知り尽くしたスペシャリストです!(本人はまだまだと謙遜しますが)

今回は奥平さんが所有する数百冊の中からパパにぜひオススメしたいラインナップを持ってきてくれてプレゼンした上で、参加者が「俺の一冊」を選ぶというもの。

奥平さんの話は、アツい絵本の解説はもちろんのこと、日本の絵本の歴史や、その歴史の中で重要な役割を果たした人々の話など、そりゃもうパパにとっては語りたくなるようなトピックが満載で本当に面白い!

さらに今回はパパが本を選ぶためのポイントもわかりやすく解説してくれました。一部、お話の中から印象に残ったものをお伝えします!



■絵本は遅効性のメディア

奥平さんによると「一回読んで興味を示さなくても、突然好きになることもあります。」とのことですが、これは本当にあるあるですよね。一回読んだだけであきらめちゃいけませんね。

■「対象年齢」は気にしないでOK!

親としては選ぶときに気にしますよね・・・でも、これはあくまで作り手側の目安なので年齢関係なく楽しめるものもあるということです。

■順番に読むことにこだわらないでOK!

今、小1の娘が小さい頃によくありました・・・途中で何ページもめくっちゃったり(汗)でも、大人と子どもの進み方は違うので自由でいい、とのこと。僕は割と順番通りに読もうとしてましたね、反省です。

■怖いものや落語ものは男の声で読むと雰囲気が出ていい!

なるほど!それは確かに低い声を最大限に生かす方法ですよね!今回は他にもパパが読むと特にいい絵本の選び方も教えてもらいましたが、これが一番腹落ちしました。

また、奥平さんが力強く語っていたのは、パパとママの両方が選んだ絵本を一つの本棚に入れること。

当然、夫婦でも感性や価値観が違うわけで、その両方を知ることができて、視野も考え方も広がるというお話は本当に納得しました。

本当に知らない絵本、そして知らない情報ばかりで「へー」「ほー」が止まらないあっという間の2時間。

奥平さんが持ってきてくれた絵本がどれも魅力的すぎて、僕はその場で俺の一冊を決めることが出来ませんでした(汗)自分でもいろいろ探して、必ずや俺の一冊を見つけ出したいと思います!

奥平さんありがとうございました!

スゴパパの道は一日してならず。

スゴパパ工場 工場長 杉山錠士
http://www.george-sugiyama.com/sugopapa/

絵本ナビ
https://www.ehonnavi.net/

オハナスタイル公式ライター : スゴパパ工場

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ