2018_08_15(水) 09:00

こだわりをつめた庭!アプローチを作ろう

記事投稿: ラッキークローバー

2018_08_15(水) 09:00

210

記事投稿: ラッキークローバー

210

今年の夏は、災害並みの猛暑でしたね!庭仕事どころか、外に出るのも危険なくらい、とにかく暑い!!

真夏に庭作業をしようと思ったら、比較的涼しい早朝や夕方から、というのがお約束ですが、今年は早朝も夕方も暑かった!!(泣)

外でのDIYを楽しむ皆様、くれぐれも暑さ対策は抜かりなく、無理のない程度に、体調と相談しながら進めていきましょうね~♪

というわけで、今回も前回に続き、アプローチの製作について!いよいよ手順に沿って、説明していきたいと思います!

まずは、手順①アプローチのデザインを決めて、地面に描く!

門柱から玄関扉までの限られた空間を、出来るだけ奥行きのあるように感じられるレイアウトにする為、緩やかなカーブを描きます。

途中で二股に分かれていて、ひとつは玄関扉へ、もうひとつは、更に奥へと続いていきます。

レイアウトを考えて描く時は、その部分だけでなく、全体を常にイメージすることが大切!そうすることにより、統一感が保たれるし、世界観が崩れてしまうようなこともなくなるからです。

次に、手順②掘る!

だいたい20センチくらい、地面を掘っていきます。

これは、地味で疲れる作業!正直、あんまり楽しくはない(笑)

地面が固く、掘るだけでも一苦労なのですが、掘った土を二輪車に乗せて、別の場所に移動させる作業も、同時進行で進めていかなければなりません!

でも、この作業がとても重要!私と娘で、二輪車での土移動を担当したのですが、土って予想以上に重いんです(泣)

二輪車も、簡単なように見えて、実際に土が乗っていると、動かすのがなかなか難しい!思った方向にまっすぐ進んでくれません!

何度か、私の父が助っ人に来てくれたのですが、軽々と二輪車を操る姿は、本当に頼もしく見え、また、主人の作業も劇的に早くなり、ただただありがたかったです~!



次は、手順③砂利を敷く!

門柱側からの写真も!

砂利は、ホームセンターで普通に購入しましたが、結構砂利にもお金がかかります。そこで、少しでも経費節約の為に、娘にミッション「砂利を集める!」を与え、協力してもらいました!

単刀直入に言うと、その辺の小石拾いです(笑)

でも、塵もつもれば山となる!

これも地味で地道な作業ですが、意外と娘が面白がって頑張ってくれました!作業も、遊びと捉えて、楽しむのが1番♪

そして、次の手順④砂利の上から土を入れる、は、先ほど手順③で二輪車に乗せて移動させた土を使います!

砂利もそうですが、土も買うと、結構な金額になるんですよね・・・。(後に、トラック単位で土を購入するのですが、最初に調べた時はビックリしてしまいました!)

出来る限り、家にあるものを有効活用するのが、我が家のDIYの鉄則ですからね!!

土を入れたら、しっかりと踏み固めていきます!

当時は、転圧機を購入していなかったので、みんなでその場で足踏み!

最初は、テンション高くみんなで踏み踏み~!でも、段々疲れてきて・・・、1人、2人と離脱。最終的には、主人が1人で頑張って踏み固めてくれました~(苦笑)

しっかりと踏み込むのは、敷いたレンガがぐらぐらしないようにする為の、土台作り!

土に含まれる空気を押し出すことにより、土の粒子が強固に結びつく原理を利用しています。

どの場所も同じように、ぴょんぴょんしながらいつも踏み固めていま~す!

今回は、手順④まで!次回は、手順⑤から説明していきたいと思います!

オハナスタイル公式ライター : ラッキークローバー

ライター応募はこちら

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ