2018_08_11(土) 09:00

パパ目線のお家づくり

記事投稿: つん

2018_08_11(土) 09:00

365

記事投稿: つん

365

前回は主婦目線での間取り紹介をしましたが、今回はパパ目線での間取りを紹介します。

子育て中、仕事しながらのお家づくりはめちゃくちゃ大変でしたが、だからこそ主人と話し合う時間を持ち、どうすれば子ども達が住みやすいかの間取りを調節しました。

間取りは何度もやり直して8回以上は業者の方の打ち合わせを繰り返しました。

主人の方が子どもを考えた間取り、男ならではの気持ちなども考慮した内容になってます。

仕事をしながらの家づくりでしたので、主人に立ち会いをしてもらったり、打ち合わせをしてもらったり、かなり助けてもらいました。

通勤距離も近くなったので、このお家づくりで、家事も仕事も両立して家族が過ごしやすい環境を整えていけたらいいです。



パパ目線でのこだわりポイント

● リビング内階段でもよいが、リビングに入ったすぐに階段

これは二人の意見は合いましたが、主人の意見では、男の子2人なので、いずれ反抗期を迎えた時にリビング奥にある階段だと、家に帰って親と会話することに嫌気がさすだろうとのことでした。

私自身そこまで両親との会話を億劫だと感じたことはないのですが、主人はあったようで、その理由から、リビング内階段は、リビング入ってすぐの場所にしました。

正直、階段が固定されてしまうと2階の間取りもある程度決まってしまい、廊下からベランダに出るという私の希望は叶いませんでしたけどね。

● 和室

和室に憧れがあったようで、地べたに座ったり寝転んだりするのはやはり、和室ですね。

私は、和室を小上がりにして収納スペースを作りたかったのでずか、小上がりにすることで予算もオーバーしてしまうことと、段差があるので、まだ小さい子どもがいる私達のような家庭には不向きなのかなと思って辞めました。

段差から何回か絶対転倒しちゃいますよね。和室は、子ども達の遊ぶスペースにと考えていたので今思うと段差なしにしてよかったです。

● 子ども部屋は狭く

これは業者さんからの提案でもありましたが、リビングに人が集まるようにと考えてくださいました。

自分の部屋が広くて快適であると、なかなかリビングに行かないので、あえて5.2畳と少し狭くするようにしました。この間取りがよかったか悪かったか将来が楽しみです。

● 東側玄関

南東の角地だったので、南玄関や、西玄関どちらにもできるということで悩んだようです。

せっかく南東からは陽が入るのでその一角を玄関にして陽が入るスペースが狭くなるのが嫌でしたか、主人の仕事柄、商売人のため、西側玄関はよくないらしく、陽が登る東側玄関にしよういうことになりました。

業者の方も、そういう風水的なことをよく知っておられたので、参考にしながら間取りを作っていきました。

ここからは間取りではないですが、こだわった点であげていきます。

● 玄関タイル色は緑

玄関に緑を置くと、いい運気が入ってくるということで、玄関タイルを緑にしました。青を選択していた私の意見は却下されました。

青は、水に流れるといって玄関ではあまり使用しない色らしいです。グレー、アイボリーといった汚れの目立たない色より遊びがあって珍しいという所が気にいって緑にしていました。

● シーリングファン

LDKで18.5畳あるので冷暖房が効きにくいことも考え、空気の流れを作るようにしました。見た目もオシャレで大満足です。

風があるだけで涼しく、なにより優しい風がお部屋全体に届くので気にいってます。

● 表札

まだ出来上がってないので、おみせできませんが、家の顔と言うことで、私がえらんだガラスは却下。

なぜかと言うと、ガラスは家庭が割れるという意味もあるようで、割れない素材で曇りのないという意味を込めてステンレスか銅板がいいとこだわっていました。

文字は金が縁起がいいということで金文字に。出来上がりが楽しみです。

● 壁づけのテレビ

配線がぐちゃぐちゃ見えているテレビは掃除もしにくいし、見た目が悪いですよね。すっきりまとめたくて、壁づけのテレビにし、裏の収納に全部配線類を行くようにしました。

DVDレコーダーはないのですが、部屋のテレビとリンクしてるので、他の部屋のテレビで録画したものを見ることができます。

チャンネル録画も見れて家の中にDVDレコーダーは1つでいいのですっきりなのが嬉しいです。

● リビング内には低いテーブルは置かずにソファのみ

子どもが歩きまわれるようにセンターテーブルは置いていません。センターテーブルがあることで、転けたりした時に怪我につながる可能性があるからです。

広々としたリビングで歩きまわれるのもいいですし、ごちゃごちゃした印象にならずに済むのでいいかなと思っています。

パパならではの目線で子ども達やママのことも考えてくれたのは嬉しいです。

オハナスタイル公式ライター : つん

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ