2018_08_06(月) 09:00

~夏休み!子どもと行くTDR攻略術~

記事投稿: いちかママ

2018_08_06(月) 09:00

145

記事投稿: いちかママ

145

北海道も真夏日が続き寝苦しい日々ですが、本州の天気予報を見るとそれどころじゃありませんね。楽しい夏休みを過ごすためにも、まずは体調への気配りを忘れずに!

さて、前回に続いて国内旅行先での過ごし方編です。今回は言わずと知れた“東京ディズニーリゾート(TDR)”に焦点をあてていきましょう。

娘が生まれる前にも、夫婦でほぼ毎年訪れているTDR。その魅力は改めてお伝えする必要がないほどかと思いますが、なかには意外と知られていないサービスも。

さっそく、次に遊びに行く時におすすめしたいサービスをピックアップしてお伝えしますよ♪

夢の国を贅沢に堪能するなら「バケーションパッケージ」!

まずご紹介したいのが、TDRの公式パッケージ商品である「バケーションパッケージ」。

ファンの間では認知度が高いサービスですが、それでもまだ知らない方も多い、通称“バケパ”。その名の通り、様々な特典がパックになっている商品です。

例えば「アトラクションを楽しむ 2DAYS」という商品の場合…

  • ・2デーパスポート・スペシャル(2日間、TDLとTDSを行き来し放題!)
  • ・ファストパス5枚
  • ・ホテルの宿泊や朝食
  • ・リゾートラインのフリー切符
  • ・フリードリンクチケット
  • ・オリジナルグッズ引換券

上記などなど「これでもか!」というくらい嬉しい内容がぎゅっと詰まっています。

他にも、キャラクターグリーティングができる特典付き、ショーやパレードを特等席で鑑賞できる特典付き、など商品によって特典内容が異なります。

特に小さいお子さんがいると、アトラクションの長蛇の列に並んだり、パレードの為に長時間場所取りをしたり、ちょっとしんどい場面がたくさんありますよね。

そうした問題を解決してくれるのが、バケーションパッケージなのです。

内容充実している代わりにお値段が高いのが難点ですが、特別な家族旅行に是非活用してみては?



他にもおすすめなのが【意外と知らない「シングルライダー」】の活用です。

あれこれ楽しいアトラクションの数々が魅力のTDR。

ただし、年齢や身長制限のあるアトラクションもあるので、お子さんと一緒に乗ることができないケースが出てきます。

例えば、大人もハマってしまうほどスリル満点の「スプラッシュマウンテン」。身長90cm以上という制限があるので、およそ3歳以下のお子さんは乗ることができません。

もし、夫婦+子どもの家族構成で訪れた場合、お子さんの預け先がないので大人たちは乗車を諦めてしまいます。そんな時に活用してほしいのが、「シングルライダー」というサービス。

キャストへシングルライダー希望の旨を伝えると、優先して乗り場まで行かせてもらえます。実は、乗り物にできた空席におひとりさまを優先して乗せてくれるというサービスなのです!

ファストパスを利用するよりも断然早くアトラクションに乗れるので、私たち夫婦の場合はふたりで交代して乗っても、並んだ時間も含めて所要時間40分足らず!!

1人につき約20分でスプラッシュマウンテンに乗れるなんて、驚きですよね。

「ひとりで乗っても寂しいんじゃ…?」と思いきや、意外と楽しめるおすすめのサービスです♡

今年は東京ディズニーランドは35周年を迎えて大賑わい。ますます目が離せないTDRを是非堪能してきてくださいね!

家族旅行を楽しむコツ、次回に続きます♪

オハナスタイル公式ライター : いちかママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ