2018_07_12(木) 09:00

『子供の便秘編』
~近くに頼れる人がいないママの奮闘記~その7

記事投稿: とさえ

2018_07_12(木) 09:00

255

記事投稿: とさえ

255

今回から長男と私たち親との便秘との戦いについて書きたいと思います。友人の子でも便秘で苦労しているという話は聞きますし、二歳くらいから排便の感覚が気持ち悪くて我慢をする子が増えると調べたらありました。シモのお話になるので食事中の方はご注意を!

もともと長男は便秘気味でした。週に3回出ればいい方で、週に1回?2回?という時もあります。それでもいつも機嫌はいいし、食欲もあるしいいよねとしていた私たち夫婦。

しかし、あまりにもお腹がポンポーンと出てきて心配になりました。そしてうんちが出る時は出産のように顔を真っ赤にしてきばり、とっても固いうんちをしていました。

受診した方がさすがにいいよね?と病院へ行ったのは2月半ば。かかりつけの先生は「うーん、たまっているねー!浣腸して、あとはお薬出しておくね」とのことでした。

別室に行き長男初めての浣腸!「いやだー!」とギャン泣きの子を抱きしめ「大丈夫!頑張って出そう!」となだめる母。さすが浣腸、今まで見たことのない量の便が出ました。

この日から我が家のながーい戦いが始まりした。ちなみにまだ続いています。

薬は酸化マグネシウムが処方されました。この薬は水分を取ることによって便がやわらかくなり排便につながります。つまり、水分を取らなきゃ意味がないのです。

なので口うるさく「お茶を飲もうね」と飲ませました。嫌がりガンガン蹴られながらも「のの字マッサージ」もしました。「全ては息子のため」と泣かれながらもやっていました。その甲斐あってか少しずつ出る日が増えてきました!




よしよしと思っていたのも束の間、また週に2回くらいしか出ない日が続きました。保育園でもあまり水分はとらないようで、朝持っていった水筒のお茶があまり減っていませんでした。そして、お腹のモゾモゾする感覚が嫌なようで我慢をするように…

長男は未だに指しゃぶりをするのですが、気持ち悪いと思ったら指しゃぶりをして気持ちを落ち着かせてしまうのです。

「ちゃんと出さないと気持ち悪いよ?出そう?」と言っても「出ないもん!ちゅぱちゅぱ」の繰り返し…だんだんこっちもイライラしてしまい、「気持ち悪いの我慢したらダメなの!」と強く言ってしまい泣かせてしまうことも…。「どうすればいいのー?」とこっちが泣きたくなりました。

次回に続きます!

オハナスタイル公式ライター : とさえ

ライター応募はこちら

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ