2018_07_02(月) 09:00

『国内旅行:準備編④ホテルのお得な予約術』編
~家族の絆を深める旅行・レジャー術!~その7

記事投稿: いちかママ

2018_07_02(月) 09:00

353

記事投稿: いちかママ

353


いよいよ2018年も折り返し。
夏休みの計画を立て始めたり、気分浮き立つ季節ですね。

さて、今回のテーマは「ホテルのお得な予約術」。

ホテルの宿泊料金は、旅行費用の中でも大きな部分を占めるので
少しでも割安に抑えたいですよね。

予約前にチェックしてほしいポイントや、おすすめの予約方法までたっぷりご紹介しますよ。

実は予約サイトよりも安い?!ホテル公式HPをチェック!


ホテルや旅館などの宿泊予約をする際、あなたならどんな方法を取りますか?

「JTB」や「近畿日本ツーリスト」など旅行代理店のサイトを利用する方、
「じゃらん」や「楽天トラベル」などのネット予約専門サイトを利用する方、
「トリバゴ」などの旅行代理店のプランを比較&予約できるサイトを利用する方、
さまざまな手段が考えられます。

できるだけ値段を安く済ませたいなら、上記のようなサイトは一通りチェックするのがおすすめです。

なかには、時期限定で割引セールを行っている場合もあるし、
“ネット限定プラン”といった店頭や比較サイトには表れない割引プランがある場合もあるので、
「どこのサイトも同じでしょ?」と思わず、いくつかのサイトを巡ってみましょう。

ただし、複数のサイトを巡って1番安いプランが見付かったからといって、すぐに予約するのはNG!
ポイントは、“宿泊したいホテルの公式サイトのチェック”。

一般的に、旅行代理店や各ネット予約サイトの売り上げは、そのまますべてホテルへ渡されるわけではなく、10~15%程度の手数料が代理店の収入となります。
仮に1泊10,000円の宿泊代であれば、1,000~1,500円は旅行代理店の収入、そして残りの8,500~9,000円がホテルの収入になるのです。



そこでホテル側としては、代理店や予約サイトを介さずに、自社の公式サイトから予約してもらい、宿泊代の100%を売り上げとして残したいと考えます。
上記の例の場合、ホテル公式サイトで予約すれば1泊9,500円で泊まれることがあるのです。

もちろんすべてのホテルや旅館がそのような形式をとっている訳ではありませんが、
泊まりたいホテルが決まっているなら是非実践してみてくださいね。

予約特典や子連れ向けサービスにも注目しよう!
“特に乳幼児など小さなお子さんを連れた旅行の場合、ホテル選びはとても重要です。

「何を基準に選べば良いかわからない…」と困ってしまったら、
子連れ向けサービスの有無や、施設設備に注目してみましょう。

わたしがいつも参考にしているのは、
ミキハウス子育て総研が認定している“ウェルカムベビーのお宿”。

離乳食対応の可否や、キッズスペースの有無、客室のバリアフリー対応、
おむつ用ゴミ箱や絵本などの客室用アメニティなど、
子連れファミリーに嬉しい情報がたくさんまとめられています。

幼稚園や小学生以降のお子さんなら、“ウェルカムキッズのお宿”に認定されているホテルがおすすめ♪
アスレチックやプールを併設しているホテルなど、家族で楽しめる工夫をしているところがたくさん!

また、お子さんを中心に考えるのも良いですが、
例えば「結婚記念日のご夫婦にカクテルサービス」などの特典があるホテルもあるので、
パパママが楽しめそうなサービスがあるホテルを選ぶのも楽しいですね。

これから夏休みの旅行計画を立てる方も、是非参考にしてください♡

次回に続きます!

オハナスタイル公式ライター : いちかママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ