2018_07_05(木) 09:00

「義実家同居」が「ほぼ回避確定」していた頃のお話

記事投稿: リコ

2018_07_05(木) 09:00

7895

記事投稿: リコ

7895

義実家での同居…

「はい!喜んで!!」

って奥さんも、なかなか居ないのではないでしょうか…

義母って、どんなに優しい人でも、もともとは「彼氏のお母さん」。他人だし、なんか緊張する相手。

義父にしても、義母と比べれば義父の方が気を遣わないって人も多いと思いますが、それでも自分にとっては異性の男性…全てに気を許せるわけではありませんよね。

今回は、私の義実家同居を選んだ(選ばざるを得なかった)その理由や、同居に至るまでの経緯をお話したいと思います。


「君は僕の親と同居できる?」と聞かれたあの日

主人とのお付き合いが始まった頃、主人にふと聞かれた一言。

「将来、親と同居とかできる?」

ベタ惚れだった相手とやっと付き合い始めたばっかりの時に、「結婚」を意識したこの質問。到底「NO」という訳もなく、後先考えず二つ返事でOK。

私の主人の父親(義父)は、主人が若い頃に病気で他界しており、私もお会いしたことはありません。

主人は一人っ子ではなく、ほかにも兄弟がいます。当時は彼らも実家にいましたが、みんな結婚して家を出たら、実家に残るのは母親が1人。

「長男」である主人は、親の面倒を見る責任があると言っておりました。

でもまぁ、先のことだしとあまり深くは考えておりませんでした。

付き合ってる間は同棲していて、結婚してからも同じアパートで暮らしていました。

「同居」の思いは頭の隅にはあったけど

「いつかは同居」の現実については、結婚後何となく意識してました。ただしばらく子供もいませんでしたので付き合っている頃とさほど変わらず、気ままな2人暮らし。

結婚後も何年かすると、主人はマンションのチラシを見たり、友達の不動産屋さんに、安い中古物件紹介の電話を受けたりすることがありました。

「これはもしかして同居の話は忘れてるのかな⁉」

なんて思ってた時期もありました。

私も建売住宅のチラシが子供の頃から大好きで、たまに新聞にチラシが入っていると、新しい設備や綺麗な内装、暮らしやすそうな間取りをみては勝手にワクワク♡していました。

いつかは一戸建て欲しいなーなんて主人に言っては「金がないよねー」なんて言われてました。

主人の兄弟が結婚!なんと実家で同居を始める!

そんな頃、主人の実家に居た最後の兄弟が結婚。家を出るかと思いきや、実家で同居を始めたのです!これはもう確実に私は「同居回避」。

義弟の夫婦が実家に居るなら、いくら長男でも実家に戻って親と同居する必要もなし!

結婚前に二つ返事でOKした手前、いつ「実家に戻るよ」と言われてもしょうがないと多少覚悟はしてたものの、義実家暮らしは気疲れしそうだし、正直避けたいと思ってたところ。

それに義実家のある場所は、田舎を通り越して「山」なのです…駅もないし、バスも電話予約制。

そうこう考えているうちに、実家で暮らす義弟夫婦に赤ちゃんができ、賑やかになると義母も大喜び。

義母にはやはり「壁」を作ってしまいませんか❓

義母は、還暦過ぎではあるのですが、元気な女性で、朝から晩まで何個もパートを掛け持ちしている働きウーマン。

サバサバしていて、意地悪や嫌味を言うようなタイプではなく優しい人。

私としても、会ってもそんなに気を使う人ではないんですが、近所のおばちゃんならジョーダンのひとつも言いながら談笑出来るんですが、義母となるとやはり話は別。

直属の女上司のような壁をこっちで勝手に作ってしまい、敬語も崩せず真面目な話しか出来ない…そんな間柄。

正直、同居回避できて良かった…と心の奥では思っていました。

そんな矢先、私の妊娠が発覚!

そしてこれが、ほぼ回避確定だった「義実家暮らし」を私たち夫婦に「現実」のものとさせる大きな理由の一つだったのです。

リコの「義実家同居」シリーズ

①⇒イマココ

② 同居か産後2ヵ月復職か、2択で選んだ「義実家同居」

③ 「義実家同居」は自分でも驚くほどの快適スタートだった

④ 「義実家同居」で感じた「幸せ」と「我慢」

⑤ 「義実家同居」でたまるストレスは「料理ができない」こと⁉

⑥ 「義実家同居」の終了と新しい命との生活スタート

オハナスタイル公式ライター : リコ

ライター応募はこちら

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ