2018_06_28(木) 09:00

『保育園に通わない生活』編
~3児の母親の専業主婦物語~その6

記事投稿: リコ

2018_06_28(木) 09:00

2753

記事投稿: リコ

2753

こんにちは。
もうすぐ5歳のじゃじゃ馬娘、バリバリイヤイヤ期の2歳の長男、超絶後追い中の1歳になる次男を育児中の専業主婦です。

主婦とは言いますが、実際には未就学児がいる家庭の専業主婦と言うのは、家事より育児がメインになります。
仕事をするワーママは、年齢はまちまちですが小さいうちから保育園に預け、育児と仕事と家事をします。

仕事を持たないママは、育児と家事だけです。
こう見ると仕事をしてるママより、家にいるママの方が仕事がない分、楽な風に見えますが、実はそうでもないんです。

よく「母親は24時間365日休み無し」と言いますが、体を休める時間はあります!
ただ「休み」の意味が違っていて、仕事のように「よし!今日はここまでっ!」という「終わり」がないんです。
朝起きてから、次の朝の起きるまで。

我が家の場合は、1番上は年中なので平日は幼稚園に行って日中はいません。
下のふたりは、学年はふたつ離れる年齢ですが、月齢で言ったら2歳も離れておらず、
1歳になる赤ちゃんと、やっと意思表示ができるようになってきた2歳半ばのイヤイヤ星人です。
この2人にはまさに、24時間休み無しです。

まだまだ2人で遊ぶ事は出来ない兄弟。
自分のおもちゃを弟に触られないように、背中でおもちゃをガードし「ぶっぶー!ぶっぶーだのー!」と必死のディフェンスの毎日。

言葉もまだ拙いので、知ってる単語を並べて一生懸命に何かを訴えてくる姿は可愛い以外の何者でもないんですが、「可愛いなぁ」って見ているだけではだめです。
うまく仲裁して仲良く遊ぶように諭したり、別々に遊ばせたり…

この2人はとにかくよく泣きます。
誰も泣いてない時間なんてあるのかな??って思うほど、常にどちらかがグズグズしてます。
朝でも夜中でもお構い無しに泣きます。
とはいえ、常におんぶにだっこしてる訳にもいきません。

家に居るので家事をしなければいけません。
家に居るのでお昼ご飯の用意をしないといけません。
保育園に行ってないので、ママがあれこれ考えて、色々な事を経験させないといけません。

天気のいい日は、外で遊ばせ、ブランコ、鉄棒、砂場での遊びも発達にいいといいます。
絵の具遊びや殴り書き、紙を破って遊んだり、ハサミやノリ、テープやシールを貼ったりするのも成長するのにとても大切な経験です。

保育園にいけば、全てのことは園で用意し、先生達がみんなまとめて教えてくれて、見てくれます。
オムツだって外してくれます。
小さいながらにおともだちのやり方を見たり、先生の話をよく聞いて自分で挑戦したり…
バランスのいい食事におやつもついて、周りの子を見ながら、少しずつ自分で食べられるようになっていきます。

1体1でずっと目の前ですべてを見てくれるママとは違い、集団生活の中で考える力が身につくんだと思います。
家で子供を見る場合は、全てのことを、毎日ママの生活の一部の中でしないといけないんです。

そこが働くママと専業主婦の違いだと思います。
私も長女が幼稚園に行くまでは、ほんとに毎日毎日試行錯誤でした。

今日はここの公園、次はあそこ。
夏になったら水遊びできる公園。

どんぐり拾いに、昆虫採集。
雨なら室内遊園地や、ショッピングモール。
出かけられない日は、絵の具や粘土、塗り絵など。

これらを全てマンツーマンでやるんです。
子供の遊びに付き合うのは結構な忍耐がいります。
粘土をしててもあれを作ってこれを作ってと難易度の高い要求され、「見てて」地獄に拘束され、ただ見てるだけの時間。



できればこの時間にごはんつくっちゃいたいーと、そわそわしちゃいます。
膝の上で絵本を読んでいたり、おもちゃで遊んでいたり。

少し1人で遊んでくれれば今の時間にやりたい事があるのに、出来ない!
私にとってはこのストレスが一番しんどいです。

とにかく、「3歳まで手元で育てる」と決めた以上、たくさんの事を一緒に楽しみたいと思っています。
とはいえ、大変なものは大変です。
毎日、毎日子供のことばかり考えています。

雨だと機嫌が悪くなる子どもたち。
グズグズが止まらず泣き疲れて寝てしまう時もあります。

家事ばかりして全然かまって挙げられなかったと寝顔をみて謝ることもあります。
逆に子供と遊ぶことにいっぱいいっぱいで、散らかった部屋や流し、手抜きの料理をみてパパにも申し訳ない気持ちになったりもします。

小さい子供にとっては、「母親」が「すべて」なんです。
そして、私にとっても、「子どもたち」が「すべて」です。

そばにいるだけでいいんです。
膝の上にいられれば、それだけで子供は安心してくれます。

働くママは子供との時間が少なく、寂しい思いをされてる方もたくさんいると思います。
専業主婦は、少しでもいいから1人になりたいと、子供から離れる時間が欲しいママもいると思います。

「24時間休み無し」の今は、泣き声のない穏やかな日々が待ち遠しいですが、そうなった時にはもう「抱っこー」と泣きついて来なくなると思うと、想像しただけで寂しくて涙が出ます(笑)

親にとってはいつまでも「子供が全て」ですが、子供たちにとってはあっという間に過ぎ去ってしまう一瞬の「今」なので、できるだけそばで今を楽しみたいと思います。

次回に続きます!

オハナスタイル公式ライター : リコ

タイアップ

タグ一覧

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!