2017_10_02(月) 00:00

ばあたん、見守っていてね。

記事投稿: BOLSTER株式会社

2017_10_02(月) 00:00

86

記事投稿: BOLSTER株式会社

86

私のおばあちゃんは秋田に住んでいて、私は広島。
5年に1回程度しか会えなかったけれど、幼い頃から毎日電話をしたり、手紙交換をして、誰よりも私をかわいがってくれました。
私は34歳になった今でも、昔からの呼び方で、“ばあたん”と呼んでいました。

 

ばあたんにとって初のひ孫になる私の娘が生まれ、生後8カ月の頃、広島から秋田へ飛行機に乗って娘を会わせに行きました。

凍えるような北国の寒さの中、認知症になって介護施設にいるばあたんに娘を会わせた時、
もう私のこともわからなくなってしまったばあたんが、ひ孫である私の娘の頬を撫でて、
「いくみ…」と私の名前を呼び、にこやかに笑いました。

 

今では、私をかわいがってくれていた頃の面影もないくらい、笑わず、わからなくなってしまったことだらけのばあたん。
そのばあたんが、昔、私の頬を撫でて「いくみ…」と愛おしそうに呼んでくれた頃のような、
優しい包み込むような笑顔でそう言った時、
走馬灯のように数少ないばあたんとの思い出がよみがえってきました。

あれから私は海外へ…
そして今年、2人目に出産した息子を会わせに行くんだと思いつつ、息子の身体が弱く入院している最中に、ばあたんは旅立ちました。

天国のばあたん。

私にしてくれたように、私の娘のことも、どんな時でも味方で優しく笑って見守っていてね!!
会わせたかった息子も、早く身体が強くなるように、私、ばあたんのように温かくて優しい愛情で育てるからね。
ばあたん、ありがとう。

<投稿者:広島県 いくちゃんさん>

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!