2018_06_17(日) 09:00

『撮りやすいシチュエーション』編
~我が子をカメラで可愛く撮るコツ~その1

記事投稿: akane

2018_06_17(日) 09:00

278

記事投稿: akane

278

子供を撮ろうと思っても、思い通りのポーズや表情をしてくれない!そんなことはありませんか?(我が家は多々あります。笑)
そんな方に、比較的子供を撮りやすいシーンをお教えしたいと思います。



①食べているとき
何かを食べているときは比較的おとなしく出来ますし、その場に留まっていられます。
なにより食べている姿というのはとても人間らしいし、ドラマが生まれる場所でもあります。

ベタベタに汚してしまっても、それはむしろシャッターチャンス!とポジティブに!
周りに迷惑をかける環境の時は難しいですが、子供に自由にさせられるときは、全部思うがままにさせてみても良いかもしれません。

豪快な食事☆両手を使ってがっつく姿が尚更可愛い!
白いシャツで、ミートソースのパスタが際立っているのも◎

花よりツイストパン☆
綺麗なお花の背景とのギャップが好きな一枚です。

②遊んでいるとき
言わずもがなですが、子供は遊んでいるときにとても良い表情をしてくれます。
前から撮るのはもちろん、後ろ姿や手元だけをキリトリ撮影するなども、独特の雰囲気が出てオススメです。

公園のシーソー。シーソーなら座っていてくれるので撮りやすかったです♡

雪遊び。アイス屋さんが可愛いなと思って、手元のみキリトリ撮影しました。
色々な遊びの中で、個人的に写真映えするなぁと思っているのが水遊び&シャボン玉遊びです︎。

気持ち良さそうな顔をドアップで。
背景に涼しそうな色を入れました。
どちらもこれからの季節にぴったりだと思いますので、ぜひ試してみて下さい!
(子供たちの安全のため、撮影に夢中になりすぎるのはお気を付けください♪)

今回は、子供を撮るオススメシーンを簡単に紹介させていただきました。
次回は、アングルや、すぐに真似出来るような簡単テクニックについてお話させていただきます。

ご拝読いただきましてありがとうございました。
次回もよろしくお願いします♪

あとがき

初めまして。akaneと申します。
突然ですが皆さん、お子さんの写真撮ってますか?
お子さんが身近にいると、子どもを被写体にした写真を撮ることがすごく多くなりますよね。

最近では、スマホの普及率が高まったこともあり、より気軽に写真を撮れるようになってきました。
そしてその写真を気軽にSNSにアップする方が増えてきました。
2017年には「インスタ映え」が流行語大賞に選ばれたこともあり、インスタグラマーが増え、様々な「オシャレ写真」を撮る方が増えてきました。

そんな、今や人々にとって身近な存在となった「写真」ですが、みんなが気軽に撮れる環境だからこそワンランクアップした写真が撮りたい。
可愛いお子さんの写真をもっと可愛く撮りたい!

たとえSNSにアップしなくても、我が子の写真を素敵に残せたら嬉しいですよね♪
この連載では、いくつかのポイントに分けて子どもの写真を簡単に可愛く撮る方法をお教えします!

とは言っても、筆者は普通の写真好き主婦。
カメラも5年以上前の一眼レフ(入門モデル)1台でやっております。

専門的なアドバイスは出来ていないかとは思いますが、これからカメラの使い方を知っていきたい人や、難しいことは考えず、今より上手く撮れるようになりたい人!
そんな方にオススメの記事を書いて行けたらと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します♡

オハナスタイル公式ライター : akane

ライター応募はこちら

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ