2018_06_14(木) 09:00

『相談するまでの手順と準備するもの』編
~働きながら親の介護をしている人への介護情報~ その2

記事投稿: 二児のパワフルママ

2018_06_14(木) 09:00

61

記事投稿: 二児のパワフルママ

61

前回は「相談窓口」の紹介をさせていただきました。
(→前回記事「『相談窓口を知ろう』編」はこちら
2回目は「相談するまでの手順と準備するもの」をお話ししたいと思います。

「相談するまでの手順」

~医療ソーシャルワーカーに相談する場合~
医療ソーシャルワーカーがいる病院では、「地域連携室」「患者支援センター」「医療福祉相談室」などの部署に所属しています。
医療ソーシャルワーカーに相談する方法として、まずは病棟の看護師さんに相談したい旨を伝えましょう。
その時には相談できる時間や場所の確認をしておくことが望ましいです。




担当窓口に直接訪ねるよう伝えられることもありますし、時間を調整して病棟に尋ねて来ることもあります。
また、入院する病院や診療科によっては、入院時に担当の医療ソーシャルワーカーの名前が伝えられることもあります。
本人と一緒に面談することもできますし、家族だけで相談することも可能です。

~地域包括支援センターに相談する場合~
直接センターに尋ねていくこともできますが、確実に相談をしようと思った時には一度電話で連絡をすることが望ましいです。

なぜならば、地域包括支援センターは訪問を中心とした相談を受けていることが多いため、希望する時間にセンター職員がゆっくり対応できなくなる可能性があるためです。
センターの対応できる曜日や時間も違いがありますので、一度確認をしておくことが安心につながります。

「準備するもの」

①困りごとや不安の内容をメモしたもの

困っていることや不安に思っていることを簡単に書いておくと便利です。
その時に可能であれば、本人が感じる困りそうなことや不安なこと、家族が感じる困りそうなことや不安なことを書いておくとよりよい相談になります。

メモに書いておくことで、相談し終わった後に「そういえば、このことを相談していなかった」となることは珍しくありません。また相談する家族も、どのような不安なのかを客観的にとらえることもできるので、相談しやすくなる効果もあります。

②自宅の環境を写真にとる

特に困りごとや、不安になる原因の内容のなかに、自宅の環境のこと(例えば、玄関に段差があることや、トイレの立ち座りが不安、自宅に入る前に階段があるなど)がある場合、写真があるとより具体的に説明することができます。

今は、リハビリのために入院する病院では、家屋調査といってリハビリの専門職種が退院前に自宅に行き住宅環境も調べてくれることもあります。

③印鑑・介護保険被保険者証・マイナンバー(通知)カード

介護保険被保険者証は65歳の誕生月の前月に届いているはずです。
しかし、医療保険証と違い、日ごろは使うものではないので、どこにしまっているのか忘れてしまうという人も多いようです。
紛失している場合は市区町村役場で再発行してもらえます。

マイナンバー(通知)カードは親御さんのものがどこにあるのか確認してください。
印鑑は本人のものと家族のものが両方あるとよいです。
どうしても、介護保険被保険者証とマイナンバー(通知)カードがない場合はセンターに相談して対応方法を確認しましょう。

④家族の相談対応者を一人決める

今後、親御さんのことで家族に連絡を取ることが出てきます。その時に家族の中で相談を受ける代表者を決めておきましょう。家族間で一人に連絡を取れば、ほかの家族にも伝わるような体制を考えておくと望ましいです。

⑤親御さんの収入・貯蓄の確認

現在、介護サービスを受けるにあたり収入によって介護サービス利用料の負担が1~2割(平成30年8月からは1~3割)の違いが出てきます。
また施設の入所先によっては食事や居室料の負担割合が変わってきます。
1円単位で知る必要はありませんが、どの程度の収入・貯蓄があるのかを知っておくと、介護の料金に関する不安が変わってきます。

詳しく書きましたが①~⑥のすべてを短時間に準備することは難しいと思います。
これはあくまでも、効果的・効率的に相談を進めていくうえであると望ましいと考えられるものです。

最低限準備していただく必要があるものは「(本人・ご家族の)印鑑」です。
それ以外の内容については、相談に対応する職員が皆様のお話の中から上手に引き出してくれますので、安心して相談をしてください。

次回は、「介護保険の手続きの流れ」についてお話します。

オハナスタイル公式ライター : 二児のパワフルママ

関連記事

新着記事

あなたにおすすめの記事

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ