2018_06_07(木) 09:00

『3人同時のワンオペ寝かしつけ』編
~3児の母親の専業主婦物語~その3

記事投稿: リコ

2018_06_07(木) 09:00

840

記事投稿: リコ

840

今回は、未だ私も毎日が戦いの寝かしつけについて書きたいと思います。

我が家の子供たちの就寝時間は9時です。
パパが帰ってくるのは大体それより遅いので、3人を私1人で寝かせます。
4歳の娘、2歳の長男と10か月の次男。

私の寝かしつけは、朝起きた瞬間から始まっています。
「今日こそ9時には全員寝かすぞ!」

まだ子供たちが寝ている朝の6時に、すでに寝かしつけのスタートラインに立っているのです。
なのでそれに向けてのタイムスケジュールを練ります。

夜9時に寝かせるためには、下の二人のお昼寝時間が重要です。
お昼寝を遅くても3時までに済ませたい。

朝10時半までに家事を済ませて、そこから自分の朝ご飯を食べ、そして子供たちとお散歩をしてお昼ご飯作り、
食べさせて昼寝させ、その間に洗濯物を畳み、お夕飯の下準備。
娘をお迎えに行く2時半に起こす…が理想!
と、逆算をしながら過ごしております。



でも予定通り行かないのが育児です。

そもそも10か月の次男が大人しく家事なんてさせてくれる訳もなく、自分に触れてないと脅迫のような大泣きで足にしがみついてきます。
落ち着かせるための授乳に時間を取られ、思うように家事も進まず、気付けばお昼なんて良くあること。
次男をおんぶしたままお昼を作り、できた頃には次男は背中で眠りにつき、長男だけ食べさせてる間に掃除洗濯…
そんなこんなしてるうちにあっという間にお迎えの時間になり、向かう車の中で昼寝してしまう長男。
負の連鎖です。

ともかく諸々をこなしつつ、夜8時半頃にまず一番下の次男を連れて寝室へ行きます。
上の二人にはリビングで待ってて貰います。
離れて待つのはまだ不安がるので、テレビをつけ、お気に入りのYouTubeを見て待っていてもらいます。

次男はまだ添い乳での入眠がメインです。
上手く行けば5分で寝ます。
けれど寝ないで興奮する事がたまにあります。

そんな時は計画が狂い、家族全員道連れで夜更かし確定。
この子が寝る事がまず第一の寝かしつけのキモなのです。

興奮しちゃって手がつけられない時は、リビングにつれて戻り、少し遊ばせてからもう一度チャレンジ。
それでダメならパパの帰り待ち。
私の中ではある意味ゲームオーバーです。

長女はともかく、2歳の長男は隣に誰か居ないと眠れないので、次男が寝てからじゃないと寝かしつけ出来ません。
なのでこれをやっつけないと、次のステージに立てないのです。

あと少しで寝そう!って時に、寂しくなった長女が泣きながら寝室に来たらそれもアウト。
テレビに興奮した長男が寝室に謎の報告をしに来てもアウト。
様々なトラップで次のステップへはそう簡単には進めないのです。
どうにかこうにか寝かせる事に成功したら、次は待ってるふたりを寝室に静かに連れていきラウンド2。

ここで、次男が起きる確率は50%
長男は「騒ぐと弟が起きちゃう=起きちゃうとママと一緒に寝られない」の方程式がまだ分からず、走っていってベッドにダイブ!
驚いて泣き出す次男。

1度寝室に来たふたりをリビングに戻すわけにもいかず、とりあえずみんなでベッドにはいり、再び次男に授乳で寝かしつけ。
後ろで泣きじゃくる長男と、マイペースに話しかけてくる長女。

こうなるともうお手上げで、私の寝かす戦意はゼロ。
朝からの努力が崩れ落ち、イライラしてしまいます。

対策として、長男はエルゴでおんぶしてから寝室へ行き、子守唄を歌いながら部屋をウロウロして寝かせる事もあります。
ベッドに横になると、眠くないのか寝たくないのか、大声でビャービャー泣いて、みんなを起こして、私の精神を乱してきます。

おんぶの方が比較的すんなり寝る子です。
おんぶする事30分。
これで長男も大体落ちます。
長女もいつの間にか寝てます。

そして私は自由です!
残っている家事を終わらせて、録画した見たいテレビが見れるんです!

次男が起きるまでは…

絶賛夜泣き中の次男はまだまだ夜中遠慮なしに泣きます。
長男もまだまだ、朝までぐっすり眠れません。

我が家では長男が生まれる時にベビーモニターを買ったので、寝かしつけたあとの寝室をモニターしています。
30分後くらいに誰か起きて、寝かしつけに戻ったまま気づいたら朝までコースはよくあること…。
子供は眠ると、体から眠くなる何かを発しているのか、1人寝るごとにとてつもない眠気に襲われて、3人目が寝た時には大抵自分も寝ています。

なので自由時間はたまに、ごく短時間しか得られません。
子供を3人、順々に寝かせ、各々の発する眠気オーラを跳ね除けるのことが出来て、初めて「自分の時間」が持てるのです。

勝率50%を下回る我が家のワンオペ3人同時の寝かしつけはこんな感じです。
テレビのHDDは、撮り溜めて見れない番組でいつだって容量がパンパン。

それでも毎日少しずつ、成長していく子供たち。
こんな苦労しながら寝かさなくても、勝手に寝てくれる日もそう遠くないんじゃないかなと思うと、
首にしがみついて寝る長男にはまだまだくっついて寝て欲しいな、なんて思います。

次回続きます!

オハナスタイル公式ライター : リコ

ライター応募はこちら

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ