2018_06_05(火) 09:00

愛ある「干渉」が円満の秘訣!【夫婦関係攻略メソッド】

記事投稿: ラッキークローバー

2018_06_05(火) 09:00

973

記事投稿: ラッキークローバー

973

「夫婦円満の秘訣は?」

と聞かれて

「お互いに干渉しない」

という答えが一般的になりつつある昨今。

我が家も、新婚当初に比べると、随分さっぱりしてきたな~という自覚があります。

長年一緒にいるのだから、それが自然な流れなのでしょう。

でも、やっぱりどこか寂しい気がするのは

「いつまでも恋人同士のような夫婦でいようね♪」

と約束した記憶が、私の中に大切な思い出として残っているからなのかもしれません。

若かりし頃、こういう約束しませんでしたか?(恥)

こういうのって、表立って言わないだけで、きっと誰の胸にも甘酸っぱく残っている「若かりし頃の恥ずかしい話あるある」だと思います!

そんな恥ずかしい約束を、今も無理なく実践するにはどうしたら良いか?

今回はそんな「一般論とは逆張りな夫婦円満の秘訣」のお話です。

夫婦は「干渉」し合って距離が縮まる?

我が家の場合は、「一般的な夫婦円満の秘訣=干渉しない」の真逆を突っ走っています!

つまり、「お互いに干渉し合う=何事も一緒に楽しむ」作戦です!! 1人で出来ることも、可能な限り2人でする!

例えば、娘が幼稚園に通っていた頃、基本、私が一緒に歩いて送迎していましたが、夫がたまに平日居る日は、夫に行ってもらうのではなく、夫婦揃って一緒に歩いて送迎していました。

どちらかが行けばいいのですが、一緒に行った方が娘も喜ぶし、園での様子も夫に見てもらえます!

それに、何でもないようなことを話しながら夫婦一緒に歩く時間が、とっても幸せでした!

夫婦での「共同作業」は充実感半端ない

次女が小学生になった年、念願のマイホームを建てたのですが、田舎なので土地が広く、自分達で庭を作ることにしました。

田舎生まれの田舎育ちでありながら、結婚後はずっとアパート住まいだった為、土いじりなんて随分していなかったのですが、元々器用で何でもこなす夫の才能が開花!

畑にとどまらず、レンガの花壇やアプローチ、デッキ、パーゴラ等、たくさんの物を自作してくれました!

上の写真は門柱へ続くアプローチと立て札♪

レンガデッキ、パーゴラ、鎧戸&壁も自作しました♪

文章にするとほんの数行ですが、デザインや素材を考え、コスパや耐久性を考慮して材料を購入し、実際に製作するのは、大変な時間と労力が必要です。

ましてや夫の仕事は出張や休日出勤も多く、なかなかまとまった休みも取れません!

そこで、私と娘の出番です!

夫の指示に従って、石を集めたり、レンガを運んだり、塗装したりしました!

夫がキツそうだったので、夫に代わって初めてコンクリートハンマーを使った時は、かなりの力が必要で手が痺れてしまいました!

でも

「この歳になっても、初めての経験が出来るんだ!」

と、嬉しい気持ちにもなりました。

「一緒に作る」と「気持ちも築きあがる」

外作業は、男の人の仕事というイメージがあると思いますが、これも一緒に楽しんでしまうが勝ちだと思います!

やすりをかけたり、色を塗ったりするのは、女の人でも十分出来ます。

かと言って、ずっと作業を手伝う必要はなく、途中でおやつの差し入れをして、庭で食べたりするのも特別な感じがして楽しいです!

ちなみに、お手伝いに飽きた娘は、その辺でお花を摘んだり、泥ケーキを作ったりしてご機嫌です♪

また、何もないところから何かを生み出すパワーは計り知れません!

トロ船でセメントを練るのがとにかく大変だった!

期限があるものではないし、夫も私をあてにしてはいないので、夫1人にお任せしても全然構わないのですが、

一緒に作業をすることによって

「これ、すごい上手だね!」

「もっとここをこうしたらどうかな?」

「腰が痛すぎる~!」

等、様々な共感を味わえます。


「同じ作業」、「同じ気持ち」。心をグッと繋ぐ

同じものを一緒に作りあげるって、すごいパワーなんです!

出来上がったものには特別な感情が湧くし、その感動を夫と共有出来るということが、心の距離をぐっと近づけてくれます!

時には、一緒に作るがゆえの衝突もありますが、片方が納得していないまま作っても、良い物は出来ません。

あくまで私は夫の助手という立場ですが、お互いが、「いいな~♪」と思える物にしたいという気持ちは同じです。

衝突を避ける以上に、干渉し合うメリットがあると私は思います!

現在は、可愛い物置小屋に着手したところで、まだまだ完成まで時間がかかりそう!家族皆で楽しみながら、限りある時間をしっかり共有していきたいと思っています♪

ちなみに、我が家のこうしたDIYの記録については「こだわりのお庭DIY」のシリーズで詳細をご紹介していますよ♪

どうぞそちらもご覧になってくださいね♪

オハナスタイル公式ライター : ラッキークローバー

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ