2018_06_04(月) 09:00

『目的地、どう決める?』編
〜家族の絆を深める旅行・レジャー術!~ その3

記事投稿: いちかママ

2018_06_04(月) 09:00

501

記事投稿: いちかママ

501

すでに梅雨入りした地域もあるようですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

さて、連載第3回となる今回は、「旅行の目的地、どう決める?」です。
国内なのか海外なのか、交通手段は何か、日数はどれくらいなのか、無限に選択肢が広がるからこそ悩みがちな目的地決め。
家族全員が楽しみにできるような、満場一致の目的地決めについてアドバイスしますよ♪

成功のカギは、滞在目的の明確化!【国内旅行編】

「いざ国内旅行へ!」と言っても、数多ある日本の観光地から1か所に絞るのは至難の業。
遊びたい場所、食べたいもの、泊まりたいホテル…家族みんなの意見を聞いていたら、いつまで経っても家族会議の結論は出ません。

そこで、まずは“旅の目的”を家族で明確化してみましょう!



例えば0~2歳児がいるなら、「観光地巡りはほどほどに、宿でのんびり過ごしたい」とホテル重視。(ミキハウス子育て総研認定の“ウェルカムベビーのお宿”がイチオシ!)
幼稚園児がいるなら、「お気に入りのキャラクターに会わせてあげたい」などレジャー施設優先の旅行。
小学生や中学生のお子さんがいるなら、ラフティングやモノづくりなど家族全員で取り組めるワークショップ型の旅が大盛り上がり。

いくつかの候補から、“家族全員が楽しみにできる目的”を決めれば、そこから宿泊先や交通手段などを着々と検討していくことができますよ♪

日数と距離のバランスが大事!【海外旅行編】
では、「思い切って海外へ出掛けてみよう!」となったらどの国へ行くのが良いでしょうか。
子連れですから治安の良さも気になるし、言語の問題、食事の問題、検討しなければいけない事項が国内旅行以上に盛りだくさん。

でも、何よりも気にしなければいけないのは“旅行日数とフライト時間&時差のバランス”なんです。
仕事や学校の関係上、「休みが取れても最大○日間」という条件がありますよね。
その旅行日数をまず把握しておけば、おのずと行き先はある程度絞られてきます。

例えば、4日間の旅行日数で成田発のハワイ旅行へ行こうとすると、片道7~9時間のフライトをやり過ごし、現地で自由に遊べる時間は実質1日半。
行けないこともないけれど、子連れで行くにはハードル高め。ホノルル到着時にはフライト疲れや時差で子供たちが不機嫌になったり、体調に影響してしまう場合も…。
地方在住の場合は、成田空港や羽田空港など国際線に乗れる場所までの移動時間もかかるし、「あれ?疲れるために旅行に行ったのかしら?」なんて思いで帰宅する羽目になるかもしれません。

せっかくのお休みをフル活用するのであれば、フライト時間と時差、現地の滞在時間をしっかり確認して行き先を決めるのがポイントです♡

「フライト時間だの時差だの、どうやって調べたら良いかわからない!」とお困りの方は、各旅行代理店が発行しているツアーパンフレットをチェックしてみましょう。
行程表に空港出発時間や現地滞在時間などが記載されているので、簡単に比較できますよ。

家族にとって一世一代のイベントともなり得る旅行です。

妥協せず、家族みんなが笑顔になって帰ってこれるような行き先を決めましょう♪
ワイワイ家族会議する時間だって楽しいものになりますよ。

次回に続きます!

オハナスタイル公式ライター : いちかママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ