2018_05_21(月) 15:00

『夏に備える節約術』編
〜子持ちママの節約術~ その1

記事投稿: トミー

2018_05_21(月) 15:00

1003

記事投稿: トミー

1003

結婚する前までは、自分で働いて稼いだお給料は、服や靴や鞄や遊び…好きな物に使っていたので、貯金・節約はほとんどしていませんでした。  

節約しないと!と思うようになったのは、一人目の子供ができてからだったと思います。  妊娠中に、色んな本や雑誌やテレビを見ていると、子供が生まれたら家族が一人増える訳ですし、食費や日用品やオムツに子供の服類…やっていける?!と不安いっぱいになりました(笑)  

でも、節約は嫌々すると続かないと思うので、私はこれが普通!ちょっとした節約で、お金が浮く!と普段から思い込んでやってます。 友達がたまに家に来た時等は、こだわりません。ケチな人だと思われたくないので…。

コンセントはこまめに抜く、テレビは主電源から切る、水は出しっぱなしにしない、電気はこまめに消す等は一般的ですが、我が家は子供にもずっとそうするように言っているので、誰も嫌々したりはしていません。

もうすぐ寝苦しい夏になっても、エアコンは人が来た時と、どうしても寝苦しい日にしかつけていません。窓を開けて扇風機で過ごす事が多いです。敷き布団のカバーを、マイナス2度くらいひんやりするカバーにかえました。

後は、寝る部屋で、タオルで巻いた保冷剤を、窓際や足元付近に何個か置くと涼しいです。 昼間は汗をかく事も必要だと思うので。 窓を開けた所に、凍らせておいたペットボトルを置いておくのも、涼しく感じます。



風がない日は、パートが休みの時であれば、スーパーでゆっくり買い物をしたり、図書館で涼むのもよくします。図書館は、今月号の雑誌が種類多く置いてあるので、情報入手も出来ます。

家の電気は、できるだけ家族皆が一緒にいる部屋でつけるようにしてます。 私が1人の時は、トイレもドアを開けていると明るいのでつけていません(笑) 朝から夕方ぐらいまでは、電気を使わないよう心がけています。 朝は早めに起きて、夜ご飯のおかずもある程度しておくと、楽ですし、電気とガスの節約につながっているんじゃないかなと思っています。


何気なく毎日出るゴミ!!
指定のゴミ袋45Lは大きいけど、すぐいっぱいになりますよね。量は減らしたいけど、なかなか出来ないですよね。なので、私は捨てる時に出来るだけ小さくします。

カレーの箱であれば、ビリビリに破く、紙パックであれば小さくたたむ、お肉等のパックは、パキパキと割って小さくすることによって、重さはUPしますがゴミ袋にかなり入ります。

私は、洗って水道代を使ってまで、スーパーのリサイクルに持っていくのが面倒なのでしませんが、  スーパーで商品を購入した直後、エコバッグに入れる前に、マヨネーズ等の袋やチューブ式のしょうがの箱、お菓子の箱等をスーパーのゴミ箱に捨てて帰ります。

たまに、おばあちゃんが、お肉やお魚のパックをあけて、スーパーに置いてある透明の袋に入れて、パックを捨てて帰る姿を何度か見たことがあります。 鮮度が落ちてしまうかな?と私は思うので、そこまではしたことがないですが、ゴミを減らす事につながるので、凄いなと思います。

次回からも使える節約術をどんどん紹介していきます!
お楽しみに!

オハナスタイル公式ライター : トミー

ライター応募はこちら

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ